一人暮らしで梅雨に洗濯物をどこに干す?簡単な乾かし方も紹介

はじめての一人暮らし3

梅雨の時期に一人暮らしで洗濯物を部屋干しする時は、どこに干すか迷う事ってないでしょうか。

部屋干しが多くなる梅雨ですが、アパートだと部屋数もないし、場所も取るので一苦労しますよね。

僕も一人暮らしをしていた時は部屋のど真ん中に干していましたが、正直キッチンに行く時など邪魔で邪魔でしょうがなかったです(笑)

その時はエアコンも使っていましたが、一人暮らしだと電気代も気になってしまいますよね。

出来ればお金も手間も掛けたくない!

そこでアパートで一人暮らしの場合どこに干すのがいいのか、そして簡単に出来る梅雨の時期の簡単な乾かし方も紹介します。

スポンサーリンク

一人暮らしで梅雨の洗濯物をどうする?

一人暮らしの梅雨の時期は本当に困ります。

部屋干しするにしても部屋が狭い、部屋が1つしかなく邪魔になりますね。

まず1つの対策として、こまめに洗濯する事になります。

一人暮らしの場合は人にもよると思いますが、1日に出る洗濯物の量がそんなにないので、どうしてもある程度溜まってから洗濯する事も多いですね。

でも湿度の高い梅雨の時期にそれをしてしまうと、干す洗濯物の量が多く中々乾いてくれません。

面倒でも毎日洗濯して、少量の洗濯物で干すのがおすすめです。

洗濯機には水の量を手動で調整出来るので、1番少ない水の量で洗濯すればそこまで水道代が掛かる事もないです。

そして雨の多い梅雨の時期は、とにかく湿度を下げる事が必要になるんですが、アパートで一人暮らしだと除湿器や浴室乾燥機が無い事も多いです。

僕も一人暮らしの時は、除湿器も浴室乾燥機もありませんでした。

あれば楽ですが場所も取るしお金も掛かるしで、一人暮らしだと中々買う決断は出来ないですね^^;

となると、最初から部屋に備え付けてあるエアコンに頼る事もあります。

古い物件によってはエアコンが取り付けてない所もありますが、2000年以降に建てられたアパートであれば最初から初期装備でエアコンがあると思います。

でもやはり気になるのが、電気代ですよね。

エアコンは昔から電気代が掛かるイメージが強い家電の1つです。

でも最近のエアコンは省エネで、昔ほど電気代が掛からなくなっています。

僕も梅雨の時にあまりに暑い時や湿度が高い時などは、エアコンを使っていましたがそんなに電気代が高つく事はありませんでした。

むしろ暖房の方が何度かブレーカーが落ちましたし、電気代も上がりました。

なので梅雨の時期に部屋干しする時は、余程節約して切り詰めている訳でもなければ、エアコンを使って湿度を下げるのもありです。

因みにエアコンを使う場合は、温度が下がり過ぎて寒くならないよう、温度調節する事も大切です。

どうしてもエアコンの電気代が気になる時は、ホームセンターなどに売っている温度や湿度も計ってくれる目覚まし時計を置いておくのがいいです。

それを目安に 湿度が80%を超えたらエアコンを使うなど、自分なりのエアコンを使う目安を設定 しておくといいですよ!

梅雨の時期は洗濯物をどこに干すのがおすすめ?

一人暮らしだと部屋干しするのも一苦労ですよね。

ワンルームだと部屋の数もないし、そんなに部屋が大きくないアパートもあります。

そういう時は、1番おすすめなのはお風呂場です!

湿気は、壁を簡単にすり抜けて部屋の中に入って来て部屋の湿度を上げてしまいます。

でもお風呂場は水を多く使う場所なので、逆に言うとお風呂場の湿度さえ落とせば洗濯物が乾きやすい環境になります。

浴室用の物干し竿が売っているので、それを取り付けるだけで簡単に洗濯物を干す事が出来ます。

お風呂場に干す時は、夜ではなく朝に洗濯して干して夜に取り込むという形がいいです。

夜は自分がお風呂に入ったりシャワーをする事もあって、洗濯物が邪魔ですし浴室の湿度も上がってしまっているので、干す事が出来なくなります。

スポンサーリンク

梅雨の時期に洗濯物の乾かし方は

前章で一人暮らしのアパートでは、お風呂場に干すのがおすすめだとお伝えしました。

問題は、どうやって湿度を落とすかですね。

除湿器や浴室乾燥機があれば湿度を落とせますが、なくても簡単に出来る乾かし方を紹介します。

部屋干しの場合はこちら

梅雨に洗濯物が乾かない原因と部屋干しで早く乾かす方法は?

梅雨の時期にお風呂場で洗濯物を干す時は、お風呂場の換気を良くする必要があります。

窓がある風呂場であれば、窓を開けるだけでも換気が出来ます。

その時にちょっと注意して欲しいのが窓を片方全開ではなく、左右の窓を少しずつ開ける事がコツです。

これによって空気の流れを作ります。

この時ドアは閉め切っていても構いません。

ただアパートによっては、お風呂場に窓がない事もあります。

僕が住んでいたアパートがそうでした。

でも窓がなくても換気は可能です。

窓がない場合はドアを少し開け、換気扇を回します。

たったこれだけで空気の通り道が出来るので、お風呂場で干す時に洗濯物が乾きやすくなります。

因みに窓があっても防犯上、外出する時は開けっぱなしにしたくないという事もあると思うので、その時は同じように換気扇を付けてドアを少し開けるという方法がおすすめです。

アパートで部屋干しする時にお風呂場がおすすめなもう1つの理由として、部屋干しだと同じように換気しようとしても防犯上難しい事もあります。

でもお風呂場はこのやり方で換気が出来るので、一軒家と違ってアパートの一人暮らしで部屋干しする時は打ってつけの場所なんですね。

さらに扇風機も併用すれば、さらに効率良く空気を循環させる事が出来るので、扇風機があれば試してみてください。

もし湿度が高過ぎてこのやり方でも中々乾かないという場合は、ハンガーに吊るしたままかけれるスチームアイロンを使うと、楽に乾かせてアイロンも同時にかける事が出来ます。

アイロンがけは面倒ですがこれはハンガーに吊るしたまま出来ますし、干してある洗濯物全部ではなく乾いてない衣類だけと決めてやると楽です^^

コンパクトなので、一人暮らしの部屋でも邪魔になりにくいのも利点ですね。

梅雨に一人暮らしの洗濯物を干す時のまとめ

部屋の多い一軒家であれば、洗濯物を干す部屋を決めて干す事も出来ますが、

アパートでの一人暮らしだとそれも出来ないので、梅雨の部屋干しには本当に苦労させられます。

梅雨の時期は雨が降っていない時や小雨の時は、雨が入らないよう調整して窓を少し開けて部屋全体の換気を意識するのも大事になります。

梅雨の時期に部屋干しする際についてはこちらも参考にどうぞ

梅雨に洗濯物が乾かない原因と部屋干しで早く乾かす方法は?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする