バーベキューでステーキの焼き方、網と鉄板で上手に焼くコツを紹介!

BBQステーキ

バーベキューと言えばやっぱり肉!

そしてアウトドア料理の王様とも言えるステーキが定番ですね!

基本的にただ焼くだけで凝った調理法の必要がないステーキは、BBQに慣れていない初心者の人でもやり易いアウトドア料理です。

でもただ焼くだけのステーキですが、

たかがステーキ、されどステーキ!

で、焼き方1つでステーキの美味しさはかなり変わってきます。

今回はステーキをバーベキューで美味しく焼くコツを、網で焼く場合と鉄板で焼く場合でそれぞれの焼き方を紹介します。

スポンサーリンク

バーベキューでステーキの焼き方のコツは?

まずバーベキューで抑えておきたい、ステーキを美味しく焼くコツをお伝えします。

最初にステーキ肉はバーベキュー前にしっかりと解凍しておきます。

解凍が不十分だと中まで火が通らず、どんなに良い肉も非常に不味い肉に早変わりします(経験がありますw)

だからと言って焦って解凍する必要もありません。

特に夏場だと日光が強過ぎて、直射日光が当たるとこで解凍すると肉が痛んでしまいます。

キャンプ場やBBQサイトに着いたら、焼く1時間ぐらい前にクーラーボックスから取り出して日陰で解凍してください。

気温が高い時は、肉の上に保冷剤を置くなどして調整するといいです。

準備に時間が掛かってBBQを始める前に解凍が十分な状態になったら、クーラーボックスに戻しておいても大丈夫です。

そして解凍が出来たらいよいよステーキを焼いていく訳ですが、バーベキューというと強力な火力で肉を豪快に焼く!っていうイメージがあるかもしませんね。

でも実は逆で、バーベキューでステーキを美味しくする焼き方は弱火でじっくりと焼く事なんです。

バーベキューって意外と弱火の方が大事なんですよ!

なのでバーベキューコンロに火を熾したら、強火のゾーンと弱火のゾーンの2つ(スペースに余裕があれば中火ゾーンも)作ります。

強火と弱火のゾーンの作り方は最初はシンプルに、火の付いた炭の量で調整するだけで大丈夫です。

大き目の炭を強火のゾーンに、小さく砕けた炭を弱火ゾーンにというだけでも作れます。

炭火1

上の画像だと手前が強火ゾーン、奥が弱火ゾーンになります。

片面を強火で焼き上げたら、弱火のゾーンにステーキを移して裏側をじっくり焼いていくんですね。

最初に強火で片面を焼く事で、ステーキの美味しい肉汁の流出を防ぎます。

この時に片面に塩、胡椒を降ります。

焼く前に塩コショウを降ると、肉が硬くなってしまうので必ず焼いてから降ってください。

そしてステーキをひっくり返して弱火のゾーンに移してじっくりと焼いていきます。

後は好みの焼き加減になったらさらに塩、胡椒で味付けして、お好みでタレや醤油、ソースなので召し上がってください∑d(d´∀`*)グッ!

バーベキューでステーキを美味しくする焼き方のポイントは、強火で片面を少し焦げ目が付くまで一気に焼き上げたら、もう片面を弱火でじっくり焼く事です。

是非覚えておいてくださいね!

バーベキューでの焼き方網でやる場合は?

バーべキューをする時は、網で焼く場合と鉄板で焼く場合の二通りがありますね。

網か鉄板どちらがいいという訳ではなく、料理によって網と鉄板両方を使い分けます。

スポンサーリンク

そしてステーキは、網と鉄板どちらで焼いても構いません。

ステーキを美味しく焼くコツは前章でお伝えした通りで、それは網であろうと鉄板であろうと変わりません。

ただ網と鉄板では、ステーキを焼く際の焼き方が少し違ってきます。

最初に、網でのステーキの焼き方について解説しますね。

網でステーキを焼くと、肉に網目が付いて凄く食欲のそそる見た目になりますよね♪

網で焼くと遠赤外線によって、ステーキが凄く美味しくなります!

ただネックになるのが、肉が網に引っ付いて崩れてしまう事があります。

これを防ぐ為に、サラダ油か酢を網に塗ります。

100均で売っている刷毛で塗ってもいいですし、キッチンペーパーに染み込ませて網全体に塗りこんでいってもいいです。

塗り込むタイミングは網をコンロに乗せてからでもいいですし、その前に塗っておいても構いません。

サラダ油か酢を網に塗る事で焦げ付きを防いで、肉が網にくっ付くのを防ぐ効果があります。

そして片付けの際も、網を洗うのも楽にもなります。

因みにですがバーベキューコンロに乗せてから油か酢を塗る際は、火傷に注意してください。

炭火はガスコンロの火と違い、遠赤外線によって食材を焼いていくので、炭から離れているからと油断していると簡単に手を火傷します。

あとステーキを焼いていると、肉の脂が網から滴り落ちて下から火が燃え盛る事がありますね。

これが起こってしまうと、折角弱火でじっくり焼いているのに肉が焦げてしまいます。

これではステーキが台無しになってしまいますヾ(´゚Д゚`;)ゝ

この時は、布巾やキッチンペーパーに水を染み込ませて、上から手で搾って燃え盛ってきた炎を消火してください。

そんな思いっきり搾る必要はありません。

あくまで燃え盛ってきた火を消すだけなので、軽く搾ってチョロチョロっと水を滴り落とす感じでいいです。

多少肉に水が付いても問題ありませんし、これぐらいでは炭も火が消える事はないので大丈夫です。

バーベキューで鉄板を使う焼き方は?

そして最後に、鉄板での焼き方をお伝えします!

バーベキューの鉄板焼きは網であるような心配がないので、網よりも簡単に焼けるかもしれません。

でも鉄板でもステーキを美味しくするコツがあります。

バーベキューの鉄板焼きは、網で焼くよりもコクが出やすくなります。

そして鉄板は網のように肉の脂が下に垂れて行く事がないので、脂身の少ない赤身の肉がおすすめです。

後は鉄板でステーキを焼く時は、前章でお伝えした焼き方をして頂ければ大丈夫です。

ただ今までのバーベキューの経験上、鉄板の大きさがバーベキューコンロとマッチしている事ってあんまりないので、肉をひっくり返して強火から弱火に移す時は、鉄板ごと強火から弱火のゾーンに動かす方がいいです。

もし鉄板の大きさがバーベキューコンロにマッチしている場合は、そのまま鉄板は動かさずにひっくり返してください。

そしてここがポイント!鉄板でステーキを焼く時は普通の油を使うのではなく、バターか牛脂を使ってください。

これによって旨みとコクが一気に増します∑d(d´∀`*)

鉄板でバーベキューをする時は是非お試しあれ♪

バーベキューでステーキの焼き方まとめ

バーベキューでステーキを焼くのは、アウトドア料理の基本となる料理ですね。

でもシンプルな故に、誤魔化しが利かない料理でもあります。

バーベキューでステーキの焼き方のポイントは、

 しっかりとステーキを解凍する事 

 強火と弱火を使い分ける事 

 塩と胡椒を降るタイミング 

の3つになります。

そして網でのバーベキューは、ステーキを炭火でダイレクトに焼けるので、遠赤外線効果で凄く美味しく仕上がります。

鉄板は肉に旨みとコクが出やすく牛脂かバターで焼くのがおすすめです。

少しでもバーベキューをする際の参考になればです。

美味しいステーキを焼いて、バーベキューを楽しみましょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする