ソロキャンプの片付け撤収時間を時短するには?

ソロキャンプ風景

ソロキャンプは1人で自由なキャンプが楽しめる反面、全て自分1人でやらないといけないのが時々辛い時があります。

そう、特に片付けですよね。

複数やファミリーキャンプなら手分けして撤収出来るのが、ソロだと1人でやる片付けがとにかくめんどくさいのが難点。

キャンプ場は、大体次の日の10時には撤収しなければいけないので、起きてから朝食を作ってあれこれしていると、あっという間に撤収時間が過ぎてしまいます。

そんなソロキャンプのめんどくさい片付けと、僕がやってみた撤収時間を時短する方法を紹介します。

スポンサーリンク

ソロキャンプの片付けは事前の段取りから

多くのキャンプ場が、撤収時間を大体10時に設定している所が多いです。

そうなるとキャンプの片付けに掛かる時間は、朝食も含め大体2時間以内には収めたいと思いますよね。

でも最初キャンプを始めた時って、これが中々難しいんですよね(;´・ω・)

そこでソロキャンプの片付けは事前の段取りからになるんですが、

キャンプの片付けを楽に早くする為のコツは?

以前にこちらの記事でも紹介しているんですが、 キャンプの片付けは、設営の時から始まっているという意識でやると大分違ってきます。 

これは複数人のキャンプよりも、ソロキャンプをやる時の方が意識した方がいいと思います。

ソロキャンプはこの意識を持って事前に段取りをしておくと、次の日の撤収時間を短縮出来るはずです。

最初の頃の僕は、これが出来ていなくて持ってきたキャンプギアを全て車から降ろし、使わなくてもずっと出しっぱなしにしていました。

すると当然、次の日の朝大変な目に合うんですね(;´∀`)

降ろしたもの全部車に積まないといけない上に、テントやタープの片付けもあるんです。

当然の事ながら2時間で終わるはずがなく、3時間以上も掛かってようやく撤収完了していました(笑)

これだと朝7時に起きたとして、朝食の準備をしてから食べ終わってからになるので、撤収完了するのが11時過ぎます。

そこで不必要な物は車から出さない、もしくは持って来ないようにします。

断捨離と同じような感じで、キャンプに出掛ける時に

今回この道具いるかな~?

と悩むキャンプ道具は、大体使わない事が多いです。

そういう道具は、そのキャンプでは持って行かないようにします。

もし保険として持って行きたい時は、車の奥の方に積んでおいて降ろさない前提で行きます。

設営する時に出る収納袋は1か所にまとめておく

片付けをする時に撤収が遅れる要因に、キャンプギアを入れる収納袋がどれだか見当たらなくなったり、どれの袋か分からなくなったりする事があります。

これを防ぐ為に、収納袋は専用の入れ物や袋を用意してまとめておくと、探す手間が省けて楽になります。

そして収納袋がどのキャンプギアの物かわからなくならないように、テントのなら【テント】と書いておくのもいいでしょう。

寝る前に不要な道具を片付ける

 キャンプ中は、もう使わない状況になった道具は寝る前に片付けて車に積みます。 

特にクーラーボックスは寝る前に積んでおきます。

僕は寝る前にタープの下にはテーブル、椅子、ランタン、焚き火台ぐらいにしてほとんど車に積んでしまいます。

そして朝食の時の事を考えて、車の中のクーラーボックスの上には荷物を置かずに開けれる状態にしておいて、ガスバーナーもすぐ取り出せる位置に置いておきます。

これは次の日の片付けもありますが、防犯の意味でも少しでも車に積んでおきます。

テントの中はなるべく簡素にする

テントの中にはシュラフ以外は、喉が渇いた時用の飲み物、貴重品ぐらいしか持ち込まないようにするのも片付けを楽にするコツです。

テントにあれこれ持ち込むと、テントの片付けの時にそれら全て出してからになるので、それだけで時間のロスになります。

ランタンもスマホのライトで代用すれば、持ち込まなくてもいいぐらいです。

因みに僕は、貴重品も車に積んでしまうのでスマホとお茶しか持ち込まないです(笑)

ソロキャンプの場合は、テントは寝るだけの物ぐらいに思っておくと撤収時間を短縮出来ます。

スポンサーリンク

キャンプの撤収を時短するには?

ソロキャンプは、少しでも効率よく片付けたいと思いますよね。

前日にある程度片付けておけば、朝の片付けのメインはテントとタープになります。

タープは日差しや場合によって雨が降る事もあるので、最後に片付けるようにします。

となると、やっぱりテントの片付けをどれだけ時短出来るかですね。

でも、朝も少しぐらいまったりコーヒーや朝食を摂りたいと思ってしまいます。

ファミリーキャンプであればお父さんがテントなどの片付けを、お母さんが朝食の準備をするなど同時進行も可能ですが、ソロキャンプだと基本1つの作業しか出来ません。

でも折角のキャンプの朝に朝食を食べたいですよね!

早く撤収したかったら朝食食べなきゃいいじゃんっていうのは嫌なんです!

キャンプの朝で朝食やコーヒーブレイクを削るのは、撤収時間を時短しているのではなくて、ただキャンプの楽しみの1つを削っているだけです。

つまりソロキャンプでも朝食とテントの片付けを同時に出来れば、撤収時間の時短に繋がります。

そこで朝食を簡単なメニューにしておきます。

 お湯を沸かすだけ! 

 温めるだけ! 

みたいに、バーナー1つで出来上がる朝食にしておきます。

インスタント食品に頼ってもいいですし、前日の残り物でもいいです。

缶詰を温めてもいいですね(`・ω・´)

もし作った朝食を食べたい場合は、前日から仕込んでおきます。

それをクッカーや鍋に作っておいて、クーラーボックスに入れておきます。

そして料理が汁物であればそのまま温めればいいだけなんですが、炒め物や焼き物だと放っておくと焦げてしまいますよね?

汁物だけだと料理が限られてしまいます。

そこで活用したいのが、このアイラップです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

アイラップUF ポリ袋(60枚入)
価格:190円(税込、送料別) (2019/4/12時点)

楽天で購入

アイラップはスーパーやホームセンターにも売っていますが、耐熱が120℃まで耐えられます。

前日に仕込んだ料理をアイラップに入れて、あとは鍋やクッカーに水を入れて湯煎する事が出来ます。

これを使えば炒め物や焼き物料理も温めて食べられるのでおすすめです。

テントの片付けと朝食の準備を同時にやってみた

ソロキャンプで撤収時間を1番時短出来るのは、朝食と片付けを同時進行でやる事ですが、正直言葉だけだと分かりにくいと思います。

そこで実際に僕がソロキャンプに行った時に、テントの片付けと朝食の準備を同時にやってみました!

テントはどこのメーカーのものかわからない、安物のテントです(笑)

朝起きたら乾かす為に、すぐにテントの出入り口を開けてフライシートを取っておきます。

このテントは出入り口が1つしかないですが、2つある場合は2つとも開けておきます。

フライシートは前のペグだけを外して、後ろのペグは残したままテントの後ろに広げておきます。

テントの中は、シュラフとマットのみです。

テントを乾かしているわずかな間に、朝食の準備です。

バーナーの周りに薪を置いているのは、風防代わりです(笑)

風防も車に積んでしまったので、薪で代用しています(決して取りに行くのがめんどくさかった訳じゃないです)

因みに温めているのは、前日に作ったカレーの残りです。

朝食を温めている間に、後ろに広げて干しておいたフライシートを片付けます。

畳んで丸めたら、

テントやタープに付いてくる紐を使って縛って終わりです。

フライシートの片付けが終わって、インナーテントだけになりました。

本当なら、インナーテントもひっくり返して底の部分を乾かした方がいいのですが、この時は買ったばかりのグランドシートを信じてやりませんでした。(決してめんどくさかった訳では以下同文

フライシートの片付けが終わった段階で、カレーが煮詰まってきたのでサトウの御飯をぶっ込みます。

サトウの御飯は温めていません。カレーに入れて温めれば柔らかくなるだろうと思って、そのまま入れました(笑)

このいい加減さもソロキャンプの醍醐味だと思っています(`・ω・´)

そしてまたテントの片付けに取り掛かります。

インナーテントを片付けていきます。

インナーテントも畳んでから丸めていきますが、出入り口がある側から空気を出すように押さえると空気が抜けやすいです。

これも付属の紐で縛っておきます。

後はグランドシートのみになりました。

この段階でカレーが出来上がったので、火を止めてグランドシートを片付けに行きました。

グランドシートが片付き、テントの片付け完了です!

ちょっとしくじって時間を撮り忘れてしまったんですが、朝起きたのがお寝坊してしまって8時55分でした。

因みにこのキャンプ場は管理人が常駐していない無料のキャンプ場なので、撤収時間を気にする必要がないので余裕でお寝坊しています(笑)

ようやく落ち着いてカレーを食べる時に時計を見たら9時47分で、起きてから約50分ぐらいでした。

ソロでも1時間掛からずに、朝食の準備とテントの片付けが出来ました。

カレーを食べた後はタープの片付けに取り掛かりましたが、完全に撤収完了したのが10時49分。

起きてから1時間50分ぐらいでした。

まだまだ改善の余地はありそうですが、それでも朝食も普通に食べれて2時間掛からずに撤収完了出来ました。

ソロキャンプの片付けと撤収時間の時短まとめ

ソロキャンプで片付けの時間を早くするには、朝だけでやっていてはまず間に合いません。

キャンプで朝の撤収時間を時短するためには事前の段取りと、前夜の片付けが大事になってきます。

そして朝食を簡単に出来るようにして、朝食の準備をしながらテントなどの片付けを行うと、かなりの時短に繋がります。

朝食を摂らずにコーヒー一杯の場合でも、お湯を沸かしている間に片付けも出来ますし。

このやり方をし始めてから、元々ソロキャンプの撤収に3時間以上掛かっていた僕でも2時間以内で撤収出来るようになりました。

キャンプの片付けが早く出来れば、もっと気軽にソロキャンプが楽しめるようになります。

キャンプの片付けを楽に早くする為のコツは?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする