テントで快適に寝る為のインナーマット その役割と重要性

テント泊に欠かせないインナーマットですが、インナーマットを敷く1番の目的は当然快適に寝る為だと思います。

快適に寝る事が出来ないと中々疲れが取れず、次の日目覚めの悪い朝を迎える事になってしまいますからね。

自分は初めてのテント泊の時は、正にテントとシュラフしか持っておらず寝づらい思いをしました。というより初心者だと、そこまで思いつかなかったんですね。

実際テントを張る手順としてはグランドシート→テント→インナーマット→シュラフと、大まかに分けるとこの順番で設営します。

今回は、快適にテントで睡眠を取る為に欠かせない、インナーマットについてです。

スポンサーリンク

インナーマットの役割とは

インナーマットの主な役割は寝心地(クッション性)と保温・断熱性の2つになるかと思います。保温・断熱性に関しては後述します。

インナーマットは敷き布団やベッドの役割を果たします。そしてキャンプは地面に直ではなくても、テント1枚隔てただけの状態で寝る為、そのまま寝ると寝づらいだけでなく、下手をすると体を痛める事にもなります。

つまりインナーマットは単に寝心地を良くするだけでなく、地面の凹凸から体を守ってくれます。

自分は初めてテント泊した時は、インナーマットの事は全く頭になく、そのままテントにシュラフを敷いて寝ました。芝生サイトでしたが、それでも思った以上に地面の凸凹があって、あと小石なんかも体に当たって痛いし寝づらかったのを覚えてます。

あとテントに直で寝ると、テントその物を痛めてしまう事もあるので、人間とテントのクッション材の役割も果たしてくれるのがインナーマットになります。

インナーマットの保温、断熱効果とは

インナーマットのもう1つの役割として、保温・断熱があります。夏場だと暑くてあまり気にしなくていいかもしれないですが、他の季節だと夜の地面はかなり冷え込んでいます。冬は言うまでもないですね。

地面からの底冷えで体が冷えてしまって、目が覚めてしまって眠れなかったり、下手すると風邪を引いてしまいますね。

熱は温度の低い所に逃げていくので、地面の底冷えに対し体温がどんどん地面に奪われていきます。

寝る時の寒さ対策はシュラフだけに行きがちですが、インナーマットを敷く事でさらに保温効果が高まり、地面からの冷気を遮断するだけでなく、体の体温も逃がさないので寒い夜でも暖かく眠れるようになります。

そして夏場は底冷えこそあまりないものの逆に地面からの熱のせいで、ただでさえ暑いのに、さらに暑くなって眠れないなんて事もあります。インナーマットは地面からの熱も断熱してくれます。

スポンサーリンク

そしてインナーマットの断熱性と保温性はR値というもので表わされていて、このR値が高ければ保温、断熱効果が高い事を意味します。

インナーマットを購入する際は、是非このR値も1つの参考にしてみてください。

インナーマットの種類と特徴は

インナーマットには大きく分けて次の3つがあります。

ウレタンマット

これは発砲素材を使ったマットで広げるだけで簡単に使えるのが利点です。片付ける時は畳んだり、丸めたりして収納するタイプのマットです。

比較的に安価で手に入りやすく、冬キャンプでなければ十分断熱効果があります。冬キャンプでも使う場合は、少々値が張りますが高断熱のウレタンマットがおすすめです。
設営は簡単ですが、嵩張るのが難点です。

ホームセンターで売っている銀マットもこれに近いマットで、銀マット単体で使うより銀マットを1番下に敷いて、その上にさらにインナーマット敷いて使う人が多いようです。

エアマット

その名の通り、空気を入れて膨らませるタイプのマットで、寝心地を重視するならおすすめのマットです。

収納性に優れていて、空気を入れる道具があれば簡単に膨らませる事が出来ます。

自分が買ったのはエアマットでしたが、空気を入れる道具が無く設営する時酸欠になるかと思いました。

あと動画などでは簡単に空気を抜いているのですが、自分が買ったやつはメーカー不明の安いやつで、中々空気が抜けてくれないので、エアマットを購入する際はしっかりとしたメーカー物のエアマットを買う事をおすすめします。

でも、寝る時は低反発でやっぱり寝心地はいいです。

インフレータブルマット

中にスポンジが入っていて、バルブを開くと自動的に空気が入って膨らんでいくマットです。

ウレタンマットだと寝心地が・・・
エアマットは空気を入れるのがめんどくさい・・・

という人にオススメなのが、このインフレータブルマットになります。言ってしまえば、ウレタンマットとエアマットのいいとこ取りしたようなマットです。

まとめ

インナーマットはテント泊には欠かせない重要なアイテムになります。これがあるかないかで、快適にテントで過ごせるかが大きく変わってきます。

インナーマットだけでもかなりの種類があり、使う季節によっても変わってきますので、それぞれのキャンプスタイルに合わせてマットを選んでみてください。

自分に合ったマットを手に入れれば、テントでも快適な睡眠空間を実現できます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする