会社の新年会に行きたくない 強制されても角が立たない断り方は?

新年になると、会社では新年会をやるとこもありますよね。

そして毎年この時期になると、憂鬱になる人もいるのではないでしょうか?

断り続けたいけどただ感情的に、行きたくない!と言っても、無用なトラブルなどになってしまう事もあるので、

会社の新年会などを角が立たないように断る為に、断り方のポイントを抑えて行く事が上手く会社の人間と付き合う事になると思います。

スポンサーリンク

会社の新年会に行きたくない

会社の新年会に行きたくないという人

 ・本当は行きたくないのに、みんな行ってるから行かないといけない 

 ・強制だから断りづらい 

 ・会社での大勢の飲み会が苦手 

 ・そもそもお酒が飲めない 

様々な理由があると思いますが、会社の新年会などに行きたくないという人は必ずいます(自分もそうです)

会社の新年会に行きたくないという人は、基本的に会社のイベントその物に行きたくないという人も多いと思います。

これは会社の社風や職場での人間関係でも変わってくるので、一概には言えず難しいところですよね。

基本的に会社のこういった飲み会は拘束する権利はないので、断っても全然問題ありません。

会社の飲み会は、絶対参加しないと決めてもいいですし、

自分がお世話になった人が退職するからなどで、送別会も兼ねているという特別な時だけ参加するというのでもいいと思います。

もう、周りからどう思われようと出たくないものは出ない!と出来るならいいですが、

流石に毎回断るのが億劫である場合は、飲み会によって参加、不参加を

自分の中で明確に線引きして判断するようにしてみてはどうでしょうか。

会社が新年会を強制するのは間違っている?

会社、もしくは上司によっては新年会を強制される事があると思います。

そして、嫌だけどしぶしぶ参加している場合もありますよね。

でもはっきり言うと会社が新年会に限らず、時間外で会社行事をを強制するのは、完全な労働基準法違反になります。

会社が社員に業務命令が出来るのは労働時間内であって、それ以外の時間は強制する事は出来ません。

この場合は例え新年会であっても、残業代を支払わなければならないのです。

でもいくら法律上はそうなっていても、そうしている会社はめったにないと思いますし、残業代を要求する人もいないでしょう。

スポンサーリンク

最近は上司に、「じゃあ残業代は出ますか?」とはっきり言う人もいるようですが、

真顔でこんな事を言ってしまうと、やっぱり角が立ってしまいます。飲み会ぐらいで、会社の人間関係が悪くなるのも嫌ですよね。

でも、飲み会の強制は法的に完全に違反なのは間違いないので、強制されて悩んでいる場合は

もし相談出来る人がいるのであれば、我慢せずはっきり言ってしまいましょう。

最初から法律がどうこう言ってしまうのは良くないので、勿論言葉は選んだ方がいいですが、

角が立つ事を恐れ過ぎて、何も言わずに我慢し続けても辛いだけです。

会社の新年会の断り方

会社の新年会の断り方で1番大事なのは、はっきり断る事です。

会社の飲み会などを断れない人の特徴で、周囲の事を気にし過ぎてはっきり断れてない事が多いんですね。

はっきり言うだけで、そのまま参加しなくてよくなったというケースもあるようです。

そして理由は毎回使える理由を作っておく事です。

体調不良とかを理由にしてしまうと、その場はいいですが次は使えないですよね。

これがはっきり断れてないパターンです。

実は以外にも、飲み会に参加してない人の断り方として1番多いのが、「都合が悪い」なんだそうです。

なんだ、そんな事か・・・と思われるかもしれないですが、悩んでいる人で多いのは、あれこれ考え過ぎて言えてない事が多いんですね。

会社側もこれだけ言われたら、大体はそれ以上突っ込んで来ない場合が多いようです。

勿論人によっては、色々と突っ込んできそうですが。

大事なのは、「都合が悪い」「飲み会は苦手なので参加しません」と余計な事は何も言わずにはっきり断る事です。

これは職場や人によって受け取り方が変わってくるので、言葉使いや言う時の態度は考えた方がいいですが、この辺りはその人の判断になります。

そして断る時は、なるべく早めに断ってください。幹事の人も新年会の為に店の予約などの段取りをしていますから、

少しでも迷惑をかけない為に、ここはマナーとして早めに連絡してくださいね。

何だかんだで、ドタキャンが1番印象を悪くしてしまいます。

まとめ

会社の新年会に行きたくないと悩んでいる人は、周囲との関係や印象を気にし過ぎて萎縮してしまっている人が多いです。

勿論、人間関係の悪化は避けたいのはわかりますが、中途半端な対応は返って印象を悪くしてしまう事もあります。

嫌な事は、はっきり断る事も時には大事です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする