キッチンの照明をおしゃれに、明るさも出せるおすすめの選び方

家に欠かせない照明ですが、新築の家を建てる際どんな照明にしようか悩みますよね。

最近はキッチンとリビングが一緒になったLDKの間取りの家も多いと思いますが、そんな時悩むのが

おしゃれさと明るさどちらを重視しようか?

になると思います。

キッチンは当然明るさが欲しいけど、LDKだから人が来た時に少しでもリビング部分はおしゃれにしたい!

そんな時のおすすめの照明の選び方を紹介します。

スポンサーリンク

キッチンの照明をおしゃれにする為に

どうおしゃれにするかですが、まずLDKの場合はキッチンを明るめに、リビングをおしゃれな照明重視にする事がいいかと思います。

キッチンは料理をする上である程度明るさが欲しいので、おしゃれ重視で暗いと料理がし辛くなりますし、危ないですよね。

キッチンとリビングで照明が違うと変じゃないかと悩む人も多いようですが、照明が違って変というよりは、バランスが大事になってきます。

例えばキッチンをダウンライト、リビングをツーリングライトにした場合、どうしてもおしゃれさに欠けますよね?

ツーリングライトは光を調節できるタイプの物を選び、フロアスタンドを併用するというやり方があります。

天井からの光のみだと、空間がのっぺりとし易くなるので、フロアスタンドを置く事で横からの光も出て、空間演出が出来るようになります。

ツーリングライトを暗めに抑えれば、大人な空間も演出できますし、フロアスタンド自体がインテリアとしても、おしゃれな部屋作りに一役買ってくれます。

他には、シーリングライトでは味気ないとお考えな場合、ライティングレールを使って
いくつかの照明をを取り付ける事もできます。光の方向によっては、間接照明のようにもできます。

照明のデザイン性、ライティング効果をうまく組み合わせれば、お部屋の雰囲気がガラリと変わります。

そして併用する最大のメリットは、電気工事が要らないという事です。

あくまで参考例なので、自分の好みに合わせてみてくださいね。

キッチンの照明の明るさを満たす為に

キッチンの照明の明るさはどれぐらいがいいか?という事ですが、キッチンの採光計画や壁の色などでも変わってくるので正直難しい所があります。

さらに個人の主観も入りますので、ここも極論から言うと好みになってきます。

スポンサーリンク

照明の明るさは照明メーカーのショールームに行って、体感してくるのが1番です。でもある程度照明を決めてから行かないと、どんな条件がいいかわからないと思うので。

キッチンの場合、ダウンライトかツーリングライトが多いと思います。

目安としてですが、LEDツーリングライトの適用畳数は以下になります。

適用畳数  定格光速の範囲

~4.5畳  2200~3200lm
~6畳   2700~3700lm
~8畳   3300~4300lm
~10畳   3900~4900lm
~12畳   4500~5500lm
~14畳   5100~6100lm

因みにLEDタイプの場合は、真下は明るくても横部分の光が弱いという事があります。

ライトの配置や個数にもよりますが、全体的には明るいのに、立って料理しようとすると手元が思ったより暗く感じる可能性があります。

適用畳数を満たす照明から好みの照明を選んだ後、ショールームに行って体感してみましょう。

キッチンの照明のおすすめ

まず日本人は、全体が明るいのを好む傾向にあるそうです。なので、キッチンにしても、全体を照らせる照明を選ぶのがいいと思います。

キッチンの照明を選ぶ際におすすめの照明は、やはりツーリングライトが全体的に照らされておすすめかと思います。

どうしてもデザイン性には欠けますが、キッチン全体を照らすにはツーリングライトが1番おすすめです。

ダウンライトも掃除などの手間が掛からなくておすすめです。ただダウンライトは天井に埋め込まれているので、

全体的に明るさが行き届かず、壁際が暗くなる事があるのでキッチンでダウンライトの場合は1つでは暗いかもしれません。

そして、キッチンでペンダントライトは止めた方がいいです。確かにデザイン性はいいですが、ペンダントライトは全体を照らすのに向かないのと、傘に埃が溜まってキッチンには不衛生です。

キッチンはやはり料理をする場所ですので、デザインよりも機能性、実用性を重視された方がいいと思います。

まとめ

キッチンで使う照明についてまとめてみました。おしゃれにするか明るさを重視するか、これは部屋の間取りや人の好みがるので正解はありません。

考え方としてLDKの場合は、キッチンは実用性重視、リビングやダイニングでおしゃれさを出すというやり方が1番いいかと思います。

キッチンでおしゃれさばかり追求して、肝心の料理がやり辛い・・・となっては本末転倒になってしまいますので。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする