花粉症対策で子供に出来る目のかゆみと鼻づまりに効果的なものとは

毎年、春先になるとやってくる花粉症。辛いですよね・・・

最近では、子供でも花粉症を発症する事が多くなってきています。

子供の花粉症対策で難しいのは、子供は大人がする花粉症対策が出来ない場合がある事です。

例えばマスクは子供にとって邪魔でしかなく、取ってしまう事もあるでしょう。大人なら嫌でも我慢して着けてますが、子供はそうはいきませんよね。

子供でも出来る花粉症対策はないか?探してみました。

スポンサーリンク

花粉症対策で子供にも出来ることは?

家にいる時の対策としては、強力な空気清浄機を置く事とと、部屋の掃除になります。

掃除で注意するのが、掃除機で吸引する事は出来るんですが、フィルターが細かい掃除機を選ぶ必要があります。

何故なら吸い込んだ花粉が、そのままフィルターを通り抜けて撒き散らしているだけになりますので。

そして外に出る時の対策、ここが重要ですよね。家での対策は大人が出来ますが、保育園に通っている時は親の目から離れますので、子供でも出来る対策が必要になります。

外出時は、衣服に気を付ける必要があります。

まず花粉が付きやすい服として、ウールやセーターなどはダメです。あっという間に花粉が付着してしまいます。

そして付きにくいのが、デニムやポリエステルになります。

その中でもコットンが1番花粉が付きにくいです。

イメージとして触ってツルツルした感触がある衣服は、付きにくいという事ですね。

静電気が発生しにくくなるスプレーを、衣服にして上げるとさらに効果が高くなります。

後は、ツバの付いた帽子を被せてあげてください。目などに入る花粉を、軽減できます。

子供の花粉症対策で目のかゆみを抑えるには?

花粉症対策としては、やはりメガネです。子供用も売っています。

ただメガネの場合も、子供はうっとおしがってしまうかもしれませんね。

スポンサーリンク

目のかゆみを抑える対策として普通なら目薬ですが、子供に目薬は難しいと思います。

目を洗うのも子供には難易度が高いので、子供には塗れたハンカチで顔を拭くのが1番簡単です。

ただ、ハンカチの場合は不衛生になる可能性があります。子供は汚れても気にしない事が多いので、汚いハンカチで顔を拭くと余計に危険です。

保育園に相談して、目を擦ったりハンカチをちゃんと洗うよう注意してもらう事も出来るかもしれませんが、

保育園も何十人の子供を見なければいけませんので、1人の子供にずっと付きっ切りという訳にもいきません。

そこで、ノンアルコールタイプのウェットテッシュを常備させてあげてください。

目が痒くなったらこれで顔を拭くように言い聞かせてあげるのと、家でもウェットティッシュで拭くようにしていれば、

子供も自然とウェットティッシュで拭く癖が付いていくと思います。

子供の花粉症で鼻づまりの対策方法

花粉症で鼻水が止まらず、そのまま鼻づまりになる事もありますよね。

特に夜眠れないのが本当に辛いし、ストレスになります。

子供は大人より鼻が小さいので、鼻づまりになりやすいそうです。

今はそんなになりませんが、自分も子供の時はよく鼻づまりになって、眠れない日が何度もあった記憶があります。

子供はマスクを嫌う子もいるので、それ以外の対策としては

鼻づまりに効果があるのがワセリンで、綿棒に塗って鼻の穴に綿棒でぐるっと

塗ってあげると、鼻づまりに効果があります。

外出前の朝や、お風呂上りに塗ってあげるといいと思います。

そしてもう1つは、夜寝る前にお湯で温めたタオルを、しばらく鼻の上に置いてあげることです。

こうする事で、鼻が保温されて鼻腔が広がって鼻づまりを解消し易くなるのと、保湿効果も高まり鼻や喉の潤いを保つ効果も期待できます。

まとめ

花粉症は大人も子供も、関係なく辛いですよね。

子供は意外とやせ我慢してしまう事もあるので、辛そうにしていたらワセリンなどで対策してあげてください。

そして、もし目を掻きすぎたり鼻を噛みすぎて、顔がヒリヒリすると言ってきたら、

ちょっと高いですが、コラーゲンの多いリップクリームがおすすめです。

そして症状がよくならない時は、すぐに病院に連れて行ってくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする