初詣の参拝のやり方と神社でお願い事の仕方は?お守りの返納もした方がいい?

年が明けると多くの人が参拝に行く初詣。

日本人にとって、初詣は正月の伝統行事ですよね。

子供の頃は親に連れられて、何となく手を合わせてお願い事をしているだけだったと思います。

でも社会人になって参拝に行くと、正しい作法というものが気になってきます。

これを期に、参拝の正しいやり方をお願い事の仕方を把握しておきましょう。

スポンサーリンク

初詣の参拝のやり方は?

初詣の参拝のやり方ですが、初詣だからと言っても特別な参拝のやり方はなく、普段神社で行う参拝と同じです。

まず神社の入り口にある鳥居で、軽く一礼します。これを「一揖(いちゆう)」と言います。

初めて行く神社だと違う所から入ってしまう事がありますが必ず、神社の一番外側にある「一の鳥居」をくぐって、参道へと入ります。

そして、これは知ってる人も多いと思いますが、参道は神様の通り道で歩いてはいけないと言われてますね。因みに、参道の中央は「正中」といいます。

参道の脇にある手水舎(てみずや)という場所で、身を清めます。御手洗(みたらし)とも言います。

まずは、右手でひしゃくを取って水を汲み、それをかけて左手を清めます。

次に、左手にひしゃくを持ちかえて、右手を清めます。

再び、ひしゃくを右手に持ちかえて、左の手のひらに水を受け、その水を口に入れてすすぎます。

すすぎ終わったら、水をもう1度左手にかけて清めます。

柄杓を立てて、柄の部分に水を流してすすぎ、元の位置に戻します。

そしていよいよ参拝ですが、

最初に軽くおじぎ(一揖)します。

次に鈴を鳴らします。右手で鳴らすのがいいそうですが、立ち位置で無理な場合は左手もしくは両手でも構いません。

鈴を鳴らしたらお賽銭を入れます。たまに投げつける人がいますが、静かに入れるのがマナーです。

そして「二礼二拍手一礼」を行います。二拝二拍手一拝とも言います。 二礼は神前に向かって二回深くお辞儀をします。背中を伸ばして腰を90度です。

二拍手は両手を伸ばして、手の平を合わせ、右手を少し後ろへ下げます。 肩幅程に両手を広げて、拍手を二回打ちます。

両手を合わして揃えた後、祈念を込めて手を下ろします。 最後に一礼をして深くお辞儀をします。

そして、最後に鳥居を出てから軽くお辞儀(一揖)します。

この一連の流れが一般的なやり方になりますが、実際ここまでやっている方は少ないと思います。

あと神社によっては、二礼四拍手一礼の所もあるようです(出雲大社や弥彦神社など)

神社によっては作法が提示してある所もあるので、その神社のやり方に従って行えば問題ありません。

神社でお願いの仕方

神社でお願いの仕方にも、注意しておきたい事があります。

スポンサーリンク

神社への参拝=お願いする事

と思っている人もいるかもしれませんが、いきなりお願い事をするのはNGです。

お願い事をするタイミングは二礼二拍手した後に、手を合わせてするのですが、まずは先に自分の名前と住所を言います。勿論、口に出す必要はなく心の中でです。

そして、1年間無事に過ごせた感謝を捧げます。感謝の気持ちは何でも構いません。

例え

「家族揃って新年を迎えられました。ありがとうございました」

その後にお願い事をします。欲張って2つも3つもお願い事をしてはいけません。原則1つです。

実際、あまりに欲張りな人を見ると引いてしまうと思いますが、それは神様にお願い事をする時も同じです。

あとお賽銭の金額も決まっていません。お賽銭はお供えの意味があり、多ければ良いという訳でもないので、自分に合ったお賽銭をしましょう。

よく語呂合わせで5円を使う人は多いですが、それでも全然構いません。

初詣でお守りの返納はした方がいい?

初詣に参拝した後に、お守りを頂いて帰る事もありますよね。

自分は大きな神社に参拝に行ったら、必ずお守りを1つ頂いて帰ります。

ただ、古いお守りは神社に返納した方がいいのか?と悩む事もありますよね。

実際お守りは、お願い事が成就したら返納するものです。合格祈願なら、受験に合格した後。安産祈願なら、子供が産まれた後に返納する感じです。

ですが、初詣の場合はこういうはっきりとしたお願いではなく、「新年を迎えて1年間無事に過ごせますように」という願いを込めて頂く事が多いです。

そして初詣で頂いたお守りは、次の初詣の時に返納した方がいいのかというと、実際どちらでも構わないようです。

そもそもお守りに特に期限はなく、お願いが成就してもしなくても、返納せずに持っていても大丈夫です。

もし、返納する場合は授与して頂いた神社やお寺に返納するのですが、それが難しい場合は近くの神社に返納してもいいそうです。

大きな寺社であれば、返納箱が用意されているので、ちゃんと参拝した後に返納しましょう。

まとめ

今回の記事では、初詣で神社へ参拝するやり方やマナーなどをまとめてみました。

紹介したやり方は、全国で一般的なやり方ですが、神社や地方によって違うやり方や作法があると思います。

正しいやり方を知らないと恥ずかしいのかなと、不安になるかもしれませんが、今回紹介したやり方を最低限抑えておけば大丈夫です。

ただ一般の人が初詣に参拝に行く時は、一般常識としてのマナーを守っていれば、そこまで形式に拘り過ぎる必要はないそうなので、

伸び伸びとした気持ちで参拝されてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする