雛人形の飾り方でお内裏様は左右どっち?向きと男雛女雛だけでもいいかも解説

各家庭や地域によって、雛人形の飾り方は違いますよね。

特にお内裏様とお雛様って、右と左どっちに飾るのが正解なのか、わからない人も多いと思います。

地域によっては、向きも決まっている所もあるようです。

今回の記事では、雛祭りでの雛人形の飾り方についての疑問をまとめてみました。

スポンサーリンク

雛人形の飾り方はお内裏様の位置はどっちが正しい?

雛人形の飾り方はお内裏様の位置はどっちが正しいのか?

という疑問があると思います。

お内裏様の位置で、必然的にお雛様の位置も決まってきますよね。

配置の仕方ですが、関東が向かって左に、関西(京都)では向かって右に男雛を配置します。

実は向かって右に男雛、左に女雛の場合と、

向かって左に男雛、右に女雛という並びには理由があります。

古来の日本では、上座は左(向かって右)であるとされてきました。これは古代中国の「天子南面」という思想の影響を受けているそうです。

皇帝は夜空で唯一動かない北極星と同一視され、北極星を背に南に向くものと考えられてきました。

そして、同じく重要視される太陽が昇る東が、南を向く皇帝から見て左側から昇る事から、左が上座とされてきました。

古来の日本でも、天皇皇后両陛下の並びもずっと天皇が左であった事から、雛人形のお内裏様も左(向かって右)とされてきました。

ところが明治維新以降、西洋式の慣わしが入って来て、西洋では上座が右(向かって左)でした。

そして大正時代、昭和天皇の即位式の図説が新聞で紹介され、東京の雛人形業界がその並びを参考にして、男雛と女雛の並びを決めました。

これが関東を中心に各家庭に普及していき、お内裏様を向かって左に置くようになっていきました。

ところがこの新しい形式に、京都の学者達が真っ向から反対しました。理由は

 「風俗の自由は尊ぶべきである。しかし故実は故実として尊重し、きちんと残すべき。だから昔どおり、男雛は左で女雛は右に朝一番かべきである。御真影は天皇陛下が右に立たれるが、洋装のお姿だから西洋の故実に乗っ取っているのでこれに当て嵌まらない。日本の故実を否定するとなると、御所の紫宸殿からして建て直さなければならなくなる」 

これにより、京都を中心とした関西では、昔ながらの並び方が今も残っています。

これを踏まえて

スポンサーリンク

「じゃあ、どっちが正しいの?」

となりますが正直右と左、どちらが正しいのかというと、厳密に言うと現代ではどちらでも構いません。

育った家や、地域で決まっていればそれに従ってもいいですし、なければ好きな方で配置すればいいと思います。

雛人形の飾り方に向きはある?

雛人形の飾り方に向きは関係あるのか?という事ですが、昔の人の中には「雛人形は南に向けて飾る」とい方もいるそうです。

これは上記で解説した、皇帝は南に向く事から来ているのだと思いますが、これも向きはどこに向いていても構いません。

もし家の決まりで向く方角が決まっているのであれば、それに従って向ければいいですが、新居やマンションで南に向けるのが難しい、あるいは不自然になる場合は気にしなくてもいいです。

自分の実家でも南に向けて飾っていました。でもこれは、飾ると南に向けて飾るのが1番しっくりきていたからで、特に理由はないです。

むしろ飾る向きより、飾る場所を気を付けた方がいいです。

直射日光の当たる窓のすぐ側や、エアコンの風がダイレクトに当たる所は人形が痛みやすくなるので、そういった所を避けて飾ってくださいね。

雛人形は男雛女雛だけ飾ってもいい?

雛人形は最初全ての人形を出して、飾っていたと思いますが、色々と理由があってだんだんと飾らなくなっていく事もありますよね。

うちの実家でも、今はお内裏様とお雛様しか飾らなくなりました。

実際に男雛と女雛だけでもいいのか?という事ですが、飾れるなら全て飾った方がいいという感じです。

曖昧な言い方ですが、雛人形はお子様の成長を見守る存在とされているので、大人になると基本的に必要としなくなるものになります。

成長して大人になってからは、季節飾りとして楽しめます。

元々雛人形は男雛女雛一対で完成形で、他の人形や飾り物は後から追加されていったものだそうです。

なので、お内裏様とお雛様の二体だけ飾るのでも問題ありません。

ただ飾らないにしても、他の人形や飾り物も大事にされてくださいね。

まとめ

雛人形は歴史が古いため、飾り方にも様々な理由や諸説があります。

そして雛人形の飾り方については、各家庭や地域によって変わってきます。

なので現代ではどれが正しいというのはあまりなく、自分にとって1番馴染み深い慣わしに則って、雛祭りを楽しむのが1番だと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする