バレンタインの義理チョコは職場では迷惑?女性全員が配る必要ある?

バレンタインの義理チョコ、子供の時はよかったけど、大人になるとだんだんと荷が重くなってきます。

特に職場での義理チョコは、渡す方も受け取る方も気を使ってしまって、どうすればいいか迷いますね。

毎年バレンタインになると出てくる、職場での義理チョコはやはり迷惑なのか?についてまとめてみました。

スポンサーリンク

バレンタインの義理チョコは職場で必要か?

バレンタインになると出てくる義理チョコ問題ですが、特に職場の男性に対して義理チョコが必要なのか?という悩みも多いようです。

学生時代なら男女どちらも、バレンタインそのものを楽しんでチョコを渡したり受け取ったりしてたと思いますが、社会人になると子供の時のようにはいかないですよね。

やっぱり男性はお返しを考えてしまいますし、女性もホワイトデーのお返しを要求しているようで気が引ける、と思っている人も少なくないです。

どちらにとっても負担になるようなら、職場でのバレンタインの義理チョコはない方がいいと思います。

いっその事思いっきり子供っぽくして、チロルチョコやキットカット1個とかなら、お互い負担にもならないしいいかもしれません(笑)

もしくは、1人1人にラッピングしたチョコではなく、お土産のように全員にどうぞという形で、会社に持って行くのがいいのではないでしょうか。

義理チョコでも、バレンタイン自体を楽しんでいて、チョコを選ぶのが楽しくて配っている女性もいると思いますし、

義理チョコは面倒だし、相手の負担になるから渡したくないと思う女性もいます。

義理チョコは渡すか渡さないかは、本人の自由ですが、

どちらにしても職場での義理チョコは、渡す本人が無理して渡すほど必要ではないと思います。

バレンタインの義理チョコは迷惑?

バレンタインの義理チョコは迷惑という話しもよく聞きますよね。

勿論男性の心情も十人十色ですので全員ではないですが、職場で貰う義理チョコは、迷惑と思っている男性も少なからずいます。

特に既婚男性は迷惑に思っている人も多いようで、そのお返しを本人ではなく、奥さんが選んで持たせている場合があります。

旦那に恥を欠かせないようにと、お返しは少し高めのチョコを用意する事も多いようで、

既婚男性の場合は、実は本人より奥さんの負担になっている可能性がある事も考慮した方がいいと思います。

スポンサーリンク

そして受け取った本人が選ぶ場合も、貰ったチョコより少し高いチョコを選ぶ事が多く、やはり負担に感じている男性も多いです。

もちろん、バレンタインのお返しを選ぶのが楽しくて、迷惑に思っていない男性もいますが。(友人がそれですw)

男性みんなではないですが、少なくとも既婚男性は迷惑に感じている人が多いようです。

職場で義理チョコを女性全員が渡している時は

本当は職場で義理チョコを渡したくない、するにしてもお土産形式でいいのに、

職場の女性が全員に配っていて、自分だけ配らない訳にはいかない空気もありますよね。

この場合の断り方ですが、色々当たり障りのない理由を付けるより

「彼氏が義理チョコでもうるさいので、渡す事はできません」

「バレンタインは彼氏に本命チョコしか渡さないので」

など、もし付き合っている人がいなくても、彼氏がいると装ってもいいしそれが面倒な場合は、

「バレンタインは父親にしかあげないので」

でもいいと思います(笑)

渡したくないからではなく、必ず嘘でも「男」を理由にするのがいいと思います。

女性の中にリーダー的存在の人がいる場合は

男性は気付かない事が多いですが、女性陣の中にはリーダー的な人もいて、

リーダー的存在の女性が、男性全員にラッピングしたチョコを渡すように言って来る職場もたま~にあります。

正直このパターンが1番面倒だと思います。

下手に逆らう訳にもいかないと思いますし、かと言って言いなりになって義理チョコを渡し続けるのも、気が引けますよね。

最初だけその人の意見に乗って顔を立て、次のバレンタインから上記のような彼氏などをの理由を作って断るか、

女性社員で折半して、お土産形式にしましょうと対案として示してみるのはいかがでしょうか。

まとめ

バレンタインの職場での義理チョコの悩みは、女性だけでなく男性も悩みの種になっているようです。

本来は子供の時のように楽しめれば1番なのですが、社会人になると難しいところですね。

職場で義理チョコを止める時は、1人で止めれればそれでもいいですし、難しければ職場の人達と話し合って、

全員で渡さないと決めるのもいいと思います。最近はトラブル防止の為に、義理チョコ禁止にしている職場もあるようです。

参考までにです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする