正月の鏡開きはいつ?飾りと込められた意味についても解説

お正月の風物詩と言えば、鏡開きですね。

子供の頃は実家で鏡餅を置いて、鏡開きをやっていましたが、最近はあまりやらなくなりました。

最近ではなんとなくしめ飾りを玄関に飾って、初詣だけをしている感じですが、

そもそも何の為に鏡開きをするのか、しめ飾りはいつまで飾ればいいのかをお伝えします。

スポンサーリンク

正月の鏡開きはいつ?

年が明けて新年を迎えた後、鏡開きをする訳ですが、鏡開きはいつからなのかというと1月11日が一般的に多いです。

なので、土日などの関係で変わる事もありますが、11日まで鏡餅をお供えしておくのが多いです。

ただこれも地域差があって、京都では4日が鏡開きとなっていたり、他の地域では20日が鏡開きの所もあります。

11日が一般的となったのは江戸時代初期と言われ、3代将軍、徳川家光がなくなったのが4月20日で、月命日にあたる20日を避けた事が由来となっているようです。

その為、関東では11日に鏡開きをする所が多いです。

鏡開きは地方や地域によって異なってきますから、引っ越しなどをされた場合は、一応町内の人に確認をされてもいいかと思います。

正月の飾りは鏡開きまででいいの?

正月に飾りはいつまで飾っていればいいのか、悩んだことありませんか?

正月のしめ飾りなどの取り外しは、一般的に2通りの考え方が多いです。

1つは6日の夕方に取り外します。

これは翌日が7日(七草の節句)になることからきています。6日まで松の内や大正月と呼ぶようになったようです。

もう1つは14日に取り外します。

これは左義長(地域によってカガリ、トリマテ、どんと、どんと焼きとも呼ぶ)があり、この日に正月飾りや門松を集めて焼いていました。

自分の実家でもこの日に左義長あり、昔はそれまで正月飾りを飾って焼いていた記憶があります。

この辺りも地方によって変わりますので、お近くの神社や役場に問い合わせて確認されてください。

最近は消防法などの観点から、破魔矢や古い御札、お守りはお炊き上げしてもらえますが、他の物は持ち帰らないといけない事もあります。

この場合、ただ捨てるのは罰当たりになってしまうので、半紙に包み塩で清めてから各自治体の指示に従って、感謝の気持ちを込めゴミではなく護美としてお出しになってください。

スポンサーリンク

正月の鏡開きの意味は?

そもそも鏡開きはなんなのか?何の為にするのか?

意味も知らずに、昔からやってたから何となくやっていた、そんな人も多いと思います。

鏡開きは、元々は武士の間で行われていた風習で、鏡餅を刃物で切るのは切腹を連装してすまうので、刃物で切らずに木槌や手でやって食べていたそうです。

割るや砕くは縁起が悪いので、鏡開きと言うようになりました。

一般化したのは、縁起を担ぐのが好きな商人の間に広がり、庶民にも広がっていったとされています。

そして鏡開きをする意味ですが、本来お正月は、年神様と御先祖様を自宅に招き入れ、おもてなしする儀式のようなものです。

玄関に門松を立て、しめ飾りをして、床の間を臨時の神棚として、鏡餅をお供えします。

余談ですが、年末に大掃除をするのもその為で、実は大晦日に大掃除をしてはいけないそうです。

大晦日の日は家に篭って身を清め、新年が明けると同時に氏神様に詣でてお祓いして頂きます。これが本来の初詣になります。

そして鏡開きは、お供えとしていた鏡餅を下げて、割り砕いて無病息災と餅は長く延びる事から、延命(長寿)を祈願して食べる習慣を鏡開きといいます。

鏡餅は日本に伝わる三種の神器、カガミに似ている事から付けられたそうです。

鏡餅には年神様が宿ると考えられていて、鏡開きをする事で年神様をお送りし、そのお餅を食べる事で年神様の力を分けて貰って1年の無病息災を願います。

その為鏡餅は処分せず、食べなければ意味がありません。

鏡餅は、お汁粉やお雑煮にして食べるのがオーソドックスだそうですが、好きな食べ方があれば好きな食べ方でもいいと思います^^

正月の鏡開きまとめ

お正月の鏡開きは、その年の無用息災を願い、健康でいられる様にする為に行われていたんですね。

最近では、昔からある風習などはあまり意味を知らずに行っている事も、多くなってきていると思います。

自分も子供の頃は実家で鏡開きをやっていましたが、その意味については教えられてなかったので、お祭り気分で思っていた所もあります^^;

お正月の鏡開きの意味を知ると、毎年鏡開きをしないといけないなと思わされますね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする