初めてのキャンプでテントを使わずに楽しむ方法

キャンプに興味があって、初めてのキャンプをしようと思っても、どうしたらいいかわからない事もあると思います。
やり方や道具は何が必要かわからない!という事もありますね。

そして初めてのキャンプをする時、おそらく1番のネックになるのはテントだと思います。どんなテントがいいかとか、ちゃんと設営出来るかとか不安になりますよね。

それが原因で、中々キャンプが始められないという人もいると思います。

いきなりですが、キャンプ=テントという概念は一旦捨てましょう!

まずは、テントを使わないキャンプをオススメします。キャンプは基本的にテント設営して寝床を確保するのが基本スタイルではあるけど、あくまで基本スタイルであってテントでなければいけないって事はないです。

そこで、テントを張らなくても出来るキャンプというのを紹介したいと思います。

コテージに泊まる

まず初心者にオススメなのがコテージ、大体がすぐそこにBBQサイトが設けられていて簡単にキャンプ気分を味わうことが出来ます。これをキャンプと言っていいか微妙ですけど、とりあえずキャンプを始めるにはコテージはありかと思います。

それにコテージがあるキャンプ場は、管理人もいてその場で必要な物も売っているので、少し値段は張りますが、万が一必要な物を忘れてもその場で購入する事が出来ます。

そして何よりテントを設営する手間が省けるし、寝床の心配をする必要がないのが1番のメリットになりますね。布団で寝れるしw

コテージでのBBQなら、キャンプに慣れていなくても火さえ熾せれば楽しめるので、これからキャンプを始める人にはオススメです。

友人達と好きな食材を買って来て、コテージのすぐそばでBBQをしながら青空の下で一杯やるのは凄く楽しいですよ!

コテージによっては温泉もあるので、BBQの煙臭くなった後にさっぱりする事も出来ますし、温泉がなくてもコテージに風呂場があるので、そのまま汗を流すことも出来ます。それもコテージのメリットと言えますね!

ただ気を付けなければいけないのは、コテージは旅館と一緒でどのキャンプ場も要予約になりますので、そこは気を付けた方がいいです。

デイキャンプをする

デイキャンプも初心者にオススメのキャンプです。デイキャンプというのは、日帰りキャンプの事です。つまりテントを設営する必要がないんですね。

その場に椅子とテーブル、後はBBQのグリルさえセットしてしまえばキャンプが出来ます。

デイキャンプは、必要な道具さえ揃っていれば、凄く気軽に出来るのがデイキャンプの1番のメリットになります。
無料のキャンプ場でも気軽に出来るので、まずは家族や友人達とデイキャンプを楽しんでみるというのもありかと思います。

それでも必要な道具は揃ってないと出来ないので、コテージより本格的なキャンプが出来ると思います。テントを張る必要はないとはいえ、その場で料理する場やくつろげる場を自分で作る必要があります。なのでより本格的にキャンプ気分を楽しめます。

スポンサーリンク

デイキャンプのデメリットと言えばやっぱり夜のキャンプを楽しめないのと、日帰りなのでお酒が飲めないという事でしょうか(笑)

そしてデイキャンプをすると、次のようなこともわかってきます。

キャンプに必要な道具の確認

キャンプってあれもこれも必要なような気もするでしょうが、実はある程度揃っていればそこまで必要ないです。というより、初心者はそんなに道具があってもまず使う事がないです。

僕自身、あれもこれも必要と思って色々買いましたが、最初は結局ほとんど使いませんでした。何故なら使う用途を想定してないからです。道具はあっても結局使う場面が無いで訳ですね。

まず、デイキャンプをする時に最低限必要になるのは椅子とテーブル、後はBBQグリルがあればデイキャンプをする事が出来ます。キャンプのサイトや動画なんかを見てると色々やりたくなるかもしれないけど、まずはBBQが出来れば十分キャンプは楽しめます。

デイキャンプをすると、今何が出来て何が出来ないかが分かるので必要な道具を揃える事が出来ます。逆に言えば、不必要な道具を買わなくて済むわけですね。

極論から言うと

まずは肉を焼く!

これが出来ればデイキャンプを楽しめます。

デイキャンプに慣れてくれば、後はテントを設営する事が出来るようになればいいだけなので、テントを設営しての1泊のキャンプも一気にハードルが下がると思います。

車中泊をする

テントを張るのは不安だけど、それでもキャンプ場で1泊のキャンプをしたい!という人は、車中泊をするというのもいいかと思います。

僕自身、最初はテントを持っていなくて、しばらくは車中泊でキャンプをしていました。車中泊なら車ですぐ寝れるので、設営もなく楽なのがいいです。

最近は車中泊も人気なようで、動画も結構上がってますので参考にされてもいいかと思います。

もし、ミニバンなどの大きな車に乗っていれば後ろを寝床に出来るので、かなり快適にキャンプをする事ができると思います。僕の場合はそんな大きな車じゃないので、運転席で寝ていましたがw

デメリットと言えば、焚き火や炭火の匂いが車に移ってしまう事でしょうか。後、やっぱり大きな車じゃないと、かなり寝苦しいです。体も痛くなる時がありますね。なので最初のキャンプのお試しでやるのはいいと思いますけど、ずっとやるならキャンピングカーにした方がいいかもしれないですw

それでもテントを張らずに気軽にキャンプを出来る事を考えたら、車中泊でのキャンプもいいと思います。

まとめ

最初は初心者にとってのキャンプは、あれこれと考え過ぎて難しく思ってしまいがちですが、まずはデイキャンプ、もしくは寝床の確保が容易なコテージか、車中泊からキャンプを始めてみると案外簡単にキャンプが楽しめると思います。

自分に合ったスタイルで友人や恋人、家族とワイワイやりながらキャンプを是非楽しんでみてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする