初夢はいつの夢?一富士二鷹三茄子はなぜ縁起が良いものなのか

富士山初日の出

新年最初の夢となる初夢。

初夢は1年を占う夢と言われる事もあるように、縁起のいい夢を見るとその年は良い1年になると言われてきたようです。

そこで初夢に関する疑問として多い、

「いつ見る夢が初夢なの?」

という疑問と、有名な初夢の縁起物である一富士二鷹三茄子について、

それに、他にも縁起が良い夢は何なのか?をお伝えしたいと思います。

スポンサーリンク

初夢はいつの夢のこと?

そもそも初夢っていつ見る夢が初夢なのでしょうか。

自分はずっと、大晦日の夜に寝て見る夢を初夢だと思っていました。

実は初夢の定義は、時代によって変わっているようです。

初夢の定義
大晦日の夜から元旦にかけて見る夢を初夢と呼んでいたのが、江戸時代前期。

江戸時代の中期後期では、2日の夜に見る夢を初夢とする説が有力だったようです。

明治以降は、元旦の夜に見る夢を初夢とする説が有力となっていきました。

そして現代では1月2日から、3日にかけて見る夢を初夢という事が多いようです。

つまり現代では、江戸時代中期・後期の定義が初夢となっています。

さらに広義で見ると、今年最初に見た夢を初夢と呼ぶ場合もあるとか。

意外と初夢の定義は時代によってまちまちで、言ってしまえばいい加減なようです(笑)

ただ現代は、大晦日の夜から元旦にかけて見る夢は初夢ではないそうです。

初夢で一富士二鷹三茄子はなぜ縁起がいい?

一富士二鷹三茄子

初夢で有名な縁起物と言えば、やはり一富士二鷹三茄子になりますね!

ではこの一富士二鷹三茄子がなぜ縁起物になったのかというと、これにも諸説あり1つの答えはないでのすが、

簡単なものだと、駿河(現在の静岡県)の名物を順にあげたものというものがあります。

他には、富士は日本で1番高い山、鷹は賢くて強い鳥、茄子は事を成す(成就する)から来ているともされています。

そして1番有名な説だと、徳川家康の説が1番有力です。

徳川家康説
駿河出身の徳川家康公が、駿河で自慢出来るものは、1富士、2鷹、3茄子を日頃から言っていたというものです。

スポンサーリンク

なぜ茄子なのかというと、徳川家康は茄子が大好物だったと言われています。

徳川家康自慢の品を初夢で見る事が出来れば、その年は縁起がいいとされていったようです。

それが江戸庶民にも広がり、一富士二鷹三茄子を初夢で見ると吉夢と言われるようになっていったとする説になります。

さらに一富士二鷹三茄子にはもう1つ、四扇(しおうぎ)五煙草(ごたばこ)六座頭(ろくざとう)とあります。

四扇五煙草六座頭は、一富士二鷹三茄子の続きと言うより、この2つでセットと考える説があります。

一富士と四扇は末広がりで子孫や商売繁盛の縁起物、

二鷹と五煙草は上昇(煙草の煙は上に上がるので)するので運気上昇、

三茄子と六座頭は毛が無いから「怪我ない」と洒落て家内安全を願うとされたとする説です。

何にしても、初夢に一富士二鷹三茄子が出て来れば、縁起がいいと思っていいのかもしれません。

でも見る事はめったにないですよね(笑)

初夢で縁起がよいものはどんな夢?

一富士二鷹三茄子は有名だし、縁起がいいのはわかったけど、

初夢で他に縁起の良いものはどんな夢があるのか?

と気になった人はいるんじゃないでしょうか。

初夢で見ると縁起がいいとされている夢は、色々あるようですがその中でも特に縁起がいいのが、

赤ちゃんが登場する夢はかなり吉夢といわれているようです。

産まれたての赤ちゃん

夢でなくても赤ちゃんを授かるのは非常に喜ばしい事ですし、めでたい事ですよね!

そして赤ちゃんが夢に出てくるだけで、初夢でなくとも縁起がよい夢だそうですが、

赤ちゃんが登場する夢は幸運を授かったり、希望が叶ったり、恋愛運が上がるなど様々な良い事を暗示している、とにかくいい事づくめの夢になるようです。

さらに女性の場合は、赤ちゃんを授かる予知夢であったりもするそうです。

初夢で赤ちゃんが出てきたら、その年はいい方向に向かう転換期になるかもしれませんね^^

初夢のまとめ

いかがだったでしょうか?

夢は科学的にも証明されていない事も多く、オカルト的な話しにもなりますが、

根拠はなくても初夢で縁起が良い夢を見ると、やっぱりテンションが上がりますよね。

初夢に一富士二鷹三茄子、そして赤ちゃんの夢を自分も見てみたいものです♪

初夢で万が一悪夢を見た時は

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする