胃痛の原因は冷えから?改善する食べ物と食事の仕方を紹介します

腹痛の女性

胃痛の痛みに悩まされている人は、結構いますよね。

特に寒い時期は、体が冷えてしまう事も多い為、胃痛に悩まされる人もいると思います。

ただ、体が冷える原因は寒いからだけではなく、食べ物や食事にも起因している事があります。

ここでは胃痛が起こるほどに体が冷えてしまう原因と、体を温めるおすすめの食べ物や食事の仕方を紹介します。

スポンサーリンク

胃痛の原因は冷えから?

まず胃痛の原因として、体の冷えから来る事もあります。

冷えによって胃痛が起こる原因として、血行が悪くなることが挙げられます。

もう1つは筋肉の硬直です。

冷えると筋肉の動きが鈍くなる為、胃の筋肉が硬直して胃痛を引き起こす事があります。

そして自分では体を温めているつもりでも、実は体は思いの外冷えている事があります。

よく勘違いされやすいのが

寒い=冷え

だと思いやすく、温かい格好をしたり暖房と付けていれば冷えないと思われがちですが、それは寒さ対策で冷えの対策にはなっていないんですね。

だから自覚がなく、体がどんどん冷えている事があります。

あと普段の食事からも、体を冷やしている原因があります。

体が冷えているかどうかを図る目安として、40℃ぐらいのお風呂に入った時に、少しでも熱いと感じたら体が冷えている事になります。

その為には寒さ対策ではなく、体の冷えの対策をする事が必要になります。

体の冷えを改善する食べ物は?

体の冷え対策で、1番改善しやすいのは食べ物になります。

体が冷える原因に食べ物がありますが、温かい物を食べていても必ずしも体が温まる訳ではありません。

食べた直後は温まっているかもしれませんが、それは食べ物が熱をもっているからで、根本的に体を温めている訳ではないんですね。

なので、体を温める食べ物を摂る事が必要になってきます。

体を温める食べ物で有名なのが、生姜になります。

万病の薬とも言われる生姜ですが、胃腸を暖め、消化機能を活発にし、殺菌作用もあります。

料理に使うのもいいですし、紅茶にハチミツと一緒にチューブの生姜を入れて飲むのもおすすめです。

スポンサーリンク

他にはりんご、ニラ、カボチャ、にんじん、山芋、納豆、レンコン、干ししいたけも体を温める食材になります。

そしてダイエットに避けられる事の多い、牛肉や鶏肉も体を温めるのにおすすめの食材です。

基準としては、冬の食べ物や寒い地域の食べ物や黒い食べ物は、体を温める食材になります。

逆に夏の食べ物や暑い地域の食べ物、白い食べ物は体を冷やす食べ物になります。

昔と違って今では、農業の方法が変わったり、輸入によって夏の食材が通年買えるようになってきているので、

知らず知らずに体を冷やす食材を、口にしてしまっている事もあります。

参考までにです。

体の冷えを改善する食事の仕方

体の冷えを改善する方法に、食事の仕方も注意する必要があります。

まずは、温かい物から先に食べる事です。

寒いと水は凍りますよね?

それと同じで、冷えていると体も硬くなっています。胃腸も同じでそこに冷たい物を先に入れると、ただでさえ硬直して働きが悪くなっているのでに、

余計な負担を掛けてしまいます。なので、温かい物から先に食べ、胃を暖めてる事で胃粘膜を保護する事が出来ます。

そしてよく噛んで食べる事です。

特に忙しい現代人は、中々噛んで食べずにすぐに飲み込んでしまいがちです。

しかしよく噛んで食べる事で、胃の負担を軽減する事が出来ます。

胃の負担を減らす事で、消化機能が活発になって、胃もたれなどの胃痛が起きにくくなっていくんですね。

特に冷えている胃は、消化機能が落ちている事もあるので、なるべく負担を掛けないようにする事も大切です。

そしてもう1つは、冷たい飲み物はなるべく避け、温かいお茶やお湯などを飲むようにする事です。

これは夏でもやってしまいがちなんですが、冷たい飲み物を飲むと、胃は思いの外冷えてしまいます。

いくら暖かい物を多く食べていても、飲み物で冷やしてしまっては元も子もないので、なるべく温かい飲み物を飲むように心掛けてください。

胃痛の冷え対策まとめ

いかがだったでしょうか。

日本人は特に胃腸が弱いと言われています。

冬は寒さで体が冷えやすくなりますが、意外と夏でも冷たい物の摂り過ぎで、胃が弱っている事もあります。

胃痛の原因である体の冷えは、食生活を改善する事で、解決する事が多いです。

でも、いつまでも胃痛が続くようであれば無理せず、すぐに病院に行く事をおすすめします。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする