富山県で花見とバーべキューも出来るおすすめの時期と場所は!

お花見

4月になると桜の下でお花見をしながら、みんなでワイワイ食べて飲んでバーベキューでも楽しみたい季節ですよね。富山県にも桜の名所は一杯あります。

でも、大体は火気厳禁の所が多いです。

富山県でもお花見スポットだけなら数あるけど、BBQも一緒にとなるとかなり場所が限られます。

そこで今回は富山県で花見をしながらバーベキュー、両方を楽しめる場所を紹介したいと思います♪

スポンサーリンク

富山県で花見をしながらバーベキュー出来る場所は?

富山県には桜の名所と呼ばれる人気のスポットは、古城公園や松川ベリなどいくつもありますが、

バーベキューもとなると、富山県南砺市にある桜ヶ池公園がおすすめです!

桜ヶ池公園には、バーベキューをする為の専用のBBQサイトがあります。

BBQをする為には要予約ですが、桜の木のすぐ下に専用のBBQサイトがあって、そこでバーベキューを楽しめます♪

自分は元々キャンプ好きでBBQもたまにやるのですが、この桜ヶ池でも過去3回BBQをしています。

1度15人ぐらいでした事がありましたが、流石に人数が多過ぎて全員座れ切れず、キャンプ用の椅子を出していました(笑)

因みに食材などは桜下池でも購入可能ですが、 持ち込みも可能で、肉や野菜などを買って来てその場で焼いて食べる事が出来ます。 

BBQ1

BBQ

一応鉄板などBBQの道具もレンタル出来ますが、レンタル料が発生するので用意出来るのなら、持ってきた方がいいと思います。

あと、その場で仕込んだりするのは中々大変です。

包丁も切れ味が悪い事もあって、予め食材はカットしてきた方が楽だと思います。

日帰りの予約だと大体15時ぐらいまでなんですが、

コテージも併設されており、コテージに泊まれば夜までバーベキューサイトを利用可能です。

桜ヶ池の宿泊プランはこちらからどうぞ!

泊まりになれば運転の心配もする必要がないので、昼間から飲んで楽しむ事も出来ますね^^

夜になるとライトも付いて、夜桜の下でバーベキューを楽しめます♪

夜桜1

夜桜

この時は最高で、桜の花びらが飲み物の上に落ちてきて、凄い風情を楽しみながらBBQとお花見を満喫しました!

ただもし桜の花びらが落ちてきたら、桜の花びらは取り除いたほうがいいです。風情があるからとそのまま飲むと、めっちゃ喉が痛くなります(笑)

夜は21時までなので、その後はコテージに戻ってホットプレートで二次会をしていました(笑)

そして駐車場は無料で、BBQサイトは屋外と屋内の2つあります。勿論晴れていて桜の下で花見をしながらのバーベキューなら、屋外一択です!

屋外のバーベキューサイトの料金は2000円で、人数は10人掛けになります。

コテージですが4人用と8人用があり、税込みで4人用が約9000円前後、8人用が約14000円前後になると思います。

これは1人の値段ではなく1泊の料金なので、人数が多い方が1人辺り安くなります。

因みに桜ヶ池はキャンプ場もありますが、基本火気厳禁なのでバーベキューも楽しむのなら、やはりコテージがいいと思います。

キャンプ場は少し離れていて火も使えないので、バーベキュー目的ならあまりおすすめ出来ません。

コテージについての詳しい料金については、念のため電話で確認されてもいいかと思います。

桜ヶ池公園自遊の森

さらに池の周りを周回したり、池をスワンボートで周回したりなど花見以外も楽しめるのでいいですよ~

参考になればです!

スポンサーリンク

富山県の花見の見頃はいつ頃がおすすめ?

富山県の花見の見頃は、大体4月上旬~下旬になります。

BBQだけなら3月中旬~10月までやっていますが、

桜ヶ池も大体このぐらいなので、もし桜ヶ池で花見と一緒にBBQを楽しむのなら、4月一杯と考えていいと思います。

桜ヶ池では約2000本のコシノヒカンザクラ、ソメイヨシノを見る事が出来るので、バーベキューをしなくても花見を満喫出来ます♪

そして桜ヶ池以外にも桜ヶ池からは少し遠いですが、高岡古城公園や松川ベリなどの富山県の有名な桜の名所も見頃となりますので、

バーベキュー関係なく花見目的なら、是非1度訪れてみてくださいね!

そこはかなり混みますが、満開の桜は圧巻ですよ^^

富山県でお花見バーベキューまとめ

富山県で桜を見ながらのバーベキューなら、桜ヶ池公園が非常におすすめなので、是非1度訪れてみてください!

お金は掛かりますが堂々と火も使えますし、予約さえしてしまえば煩わすい場所取りも必要ないです。それに500円払えばゴミの引き取りもして貰えるので凄く楽ですよ^^

富山県の桜ヶ池で桜の下で、BBQを満喫されてみてはどうでしょうか♪

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする