上司が合わないから辛い時の対処法と辞めたいというのは本当にダメなの?

疲れ果てた女性社員

上司とソリが合わず辛い・・・辞めたい・・・、これは多くの人が抱える悩みです。

かく言う自分も会社や上司と合わず、何度も怒りが爆発しそうになったし、辞めたいと思っていました。

しかし、決まって言われるのが、

 会社はそんなもんだ! 

 おまえが根性ないだけだ! 

 みんな我慢しながらやっているんだよ! 

これらの常套句は、はっきり言ってうんざりしますよね?

自分はこれらの言葉が大嫌いです。

何でそれを自分も背負わなきゃいけないんだよ・・・おそらく多くの人がそう思うと思います。

合わない上司とどう接したらいいか、自分の体験談からの対処法や、その事で辞めたいと思うのは本当に甘えなのか、それについてお伝えしたいと思います。

スポンサーリンク

上司が合わないから辛いんだよ!

おそらくですが、この記事を読んでいる方は、

もう毎日が辛くて辛くて仕方ない、それこそ誰か助けてくれ・・・それぐらい追い詰められて、読まれているのではないかと思います。

それは自分もよく分かります。何故なら自分も同じように、藁をも掴む思いで毎日ネットで突破口を探して、助けを求めていたからです。

1度友人に相談した事があります。しかし、言われたのは

 おまえに原因がある! 

 そんな事で弱音吐いてどうする! 

 みんな我慢してやっているんだよ、おまえだけじゃない! 

というような言葉で、ずっと責められているような感じでいした。

勿論、ただ辞めたいという自分に、友人が辞めるならもっと考えて辞めないとダメだ!というような趣旨でしたが、ずっと自分が悪者な感じで、あまり自分の辛さを理解してくれている感じではなかったんですね。

でも、もし立場が逆だったらもしかすると、自分も同じ様な事を言っていたかもしれません。

この時に分かりました。

本当の辛さというのは、それを味わった人しか分からないんです。

勿論いい人ぶる気など全くありません。でも辛いものは辛いんですよね。

 もしそれが本音なら、それに従う事も大切です。 

上司が合わないから辛い状態を、何年も続ける必要はありません。それは仕事ではなく、ただの嫌がらせです。

自分も馬が合わない上司と1年半仕事しましたが、やっぱりダメでした。

それはこちらの記事で詳しく書いていますので、よろしかったらどうぞです。

上司が合わないから辛い時の対処法と辞めたいというのは本当にダメなの?

上司が合わないのは誰だって辛い事ですし、それを自分が悪いと責める必要は全くありません。

上司が合わない時の対処法

これはかなり厳しい言い方になるかもしれませんが、上司が合わない時の対処法は、はっきり言ってありません。

いきなり何言ってんだ・・・って思うかもしれません。

でも自分の体験談から言える事ですが、 合わないのですからどうやったって上手くいくはずがないんです。 

ご飯の上にティラミスを乗せても、絶対に美味しいとは思えませんよね?

どうやったって美味しくなるはずありませんよね。

それと同じで、何したって合わないものは合わないんです。

したがって、合わない上司と上手くやっていく対処法は、

如何にストレスを最小限に抑えるか?

これしかありません。

どんな方法を取ったって、 合わない上司と関わるのはストレスにしかならない んです。

なので、その1つの方法として参考までにです。

上司を上手くコントロールする

この対処法は、はっきり言ってまだ余裕がある人向けになります。

なので自分のように完全に関係悪化してしまった人には、使えない方法になりますが、

 とにかく上司の言う事を否定しない のです。こういう嫌われる上司は、如何せんコミュニケーション能力が欠如している人が多いです。

自分の上司もそうでしたが、

それ説明しただろ!(してない)

何度も言わせるな!(言わせてない)

これ、みんなやらんなんからやって!(何を!?)

ていう感じで、とにかくこっちから聞き返さないと、何言ってるのかわからないのが現状でした。

こういうコミュニケーションが下手な人は、 基本的に人の話を聞かない ので、こちらから何を言っても無駄です。

なので、まずは上司の話を聞いた上で、

 「なるほど、確かにそうですね。すみませんでした。因みにこういうやり方もありますけど、どうでしょうか?」 

と自分の意見を言うのが1番いいです。まだ関係が完全に悪化する前なら、こういう人は逆に単純で扱いやすい人でもあるので、

上手くコントロール出来る上司になります。 「でも」  「しかし」 、などの否定する言葉を使わないのがコツです。

間違っても媚を売るのではありません。

こういう上司は媚を売ると付け上がってくるので、返ってストレスになります。

思い切ってさらに上の上司に訴えてみる

かなり力技になりますが思い切って、さらに上の課長や部長クラスに言ってみるのもいいと思います。

自分はこれで、その直属の上司から離れる事が出来ました。

自分はもう我慢出来ずに、会社に

 「あの人と一緒に働くのは無理だ!」 

と訴えました。

ここまではっきり自分の意見を言ったのは、入社して初めての事でした。

勿論普段の自分なら、ここまで言えなかったと思います。

その事で、全く違う部署に異動になり、その上司と完全に離れる事が出来ました。

 「そんな事、自分には無理だ・・・」 

と思われるかもしれませんが、不安や緊張は最初だけです。

1度話し始めると、その上司の怒りがどんどん込み上がってきて、自分の言いたかった事が言葉になって出てきます。

これをすると、出世街道から離れてしまうかもしれません。

でも今のまま苦痛を味わいながら何十年も働き続けるより、ずっとマシだと自分はお思いました。

他の部署の人と仲良くなる

時間は掛かりますが、 他の部署の人とパイプを作っておくと上手く行けば、引き抜いて貰える事も あります。

特に他部署の班長などのリーダークラスと仲良くなっておくと、その人から掛け合って異動させて貰える事もあります。

これはかなり根気もいるし、絶対的なやり方ではないですが、1番角を立てずに嫌な上司から離れる事ができると思います。

 それに会社にも相談出来る人が出来るので 、それだけでも精神的に楽にもなります。

極論から言うと

紹介した3つの対処法は、まだ仕事を辞めたいと思う程、完全に関係が悪化しきっていない時に出来る方法だと思います。

極論から言うと、1番の対処法は関わらないのが1番の方法なので、もしどうしても関わる時があった時の対処法として、その場をやり切るやり方と思って頂ければです。

スポンサーリンク

上司が合わないから辞めたい

上司と合わないから辞めたいと言うと、世間一般ではあまりいい風には言われませんね。

でも自分は、合わない人間がいるから辞めたいと思うのは、至極自然な事だと思います。

むしろ、これが1番の対処法だと自分は思っています。

確かにあまり転職を繰り返したら、不利になっていくのは分かります。

 でもたった1度しかない人生なんです。自分の人生を、そんな上司の為に我慢する生活を送るほうが、余程馬鹿げていると思いませんか? 

それなら多少給料が低くなっても、自分に合った会社に行った方が余程有意義に過ごせます。

合わない人間がいるのは仕方ないですが、会社は価値観の違う、

言ってしまえば合わない人間が集まって仕事をしますが、許容範囲ってありますよね。

それを超えて仕事をするのは返って危険です。

本来ならそんな事を抱えながら仕事をする訳ではないので、どうしても合わない上司がいたら、辞めて転職をするのもありだと思います。

 仕事だからと割り切る必要はありません。 

何故なら、それは仕事じゃないからです。

合わない人間とストレスを抱えながら仕事をする事を、就業規則に明記している会社はないですよね。

だったらそれは仕事じゃありません。

会社がそれにちゃんと対処してくれないようなら、辞める事も辞さない覚悟は必要です。

上記でも言ったとおり、世間一般で言われているような事に、囚われる必要はありません。

これは本来、一社員が対処する事ではなく、会社が対処する事です。

それをしてくれない会社なら、辞めていいと思います。

上司が合わないから辞めたいまとめ

会社の人間関係、特に今回は上司との対処法などを、自身の体験談からお伝えしました。

 自分は中途半端な対応だけして、根本的な解決をしてくれない会社を見て、最後は完全に見切りを付けました。 

会社は一社員を守ってはくれません。自分を守るのは自分自身なので、もしそこにいる事が苦痛で仕方ないのであれば、

1番の解決方法は、退職する事だと思います。

自身の体験談を綴っています。よろしければどうぞです。

上司と合わないから辞めたいと思うのは甘えなのか!?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする