山菜採りを無断でやらずに許可を取って、服装など注意すべき点は?

山菜取り

春になってくると、山には春の山菜が顔を出してきますね。

一時期山ガールというのが流行りましたが、全国でも山菜取りが盛んに行われます。

しかし山菜採りには多くのマナーやルールがあり、それを知らずにやっていて犯罪を犯してしまっているケースもあります。

そしては気軽に出来るものと思って、簡単な装備などをして大変な目にあってしまう事もあります。

 【知らなかった!】 

では済まされないようにする為に山菜採りをする為のマナー、そしてどんな山でも辞めてはいけないので、山菜採りをする為の注意すべき事を確認しましょう!

スポンサーリンク

山菜採りは無断でやると犯罪?

まず日本には空いている土地は1つもなく、山も含む全ての土地が私有地もしくは国有地になります。

法律上でも、山に生えている山菜も、山の持ち主の物となります。

つまり山菜採りは無断でやると、窃盗罪になります。その中でも森林窃盗罪というものに分類されるそうです。

今まで山菜採りをしてきたけど、大丈夫だったと思っているのは、地主が黙認してきたかバレていなかっただけです。

山菜の場合は、畑や田んぼなどと違って栽培した物ではないので、地主もわざわざ取り締まる手間を考えて黙認する事もありますが、犯罪は犯罪なので無断での山菜採りは止めてくださいね。

実はニュースになっていないだけで、全国的には無断で山菜取りをして捕まっている人は結構いるそうなので、必ず許可を取って山菜取りをされてください。

ただ最近はゴミを大量に捨てていったり、山菜を採ってその場でドンちゃん騒ぎしたり、山を利用するマナーも悪い事もあって、入山禁止にしている所も増えているそうです。

もし立ち入り禁止の看板や柵があったら、不法侵入罪にもなりますし、その場合は地主も山菜採りの許可を出してくれないと思いますので、諦めた方がいいと思います。

そういったトラブルを避けるのであれば、山菜採りのツアーをやっている所もあるので、お金を払ってこういったトラブルを回避出来るなら、山菜採りのツアーも検討してみてはどうでしょうか。

山菜採りの許可を取るためには?

山でトラブルなく山菜採りをするには、 地主に許可を取れば大体OKしてくれる事がほとんどです。 

勿論転売目的の乱獲なら話しは別ですが、自分で食べる分の量を取って行くぐらいなら、余程の事がない限りそれを断る地主もいないと思います。

とは言っても、知り合いに山の地主はいないし誰が持ち主かわからない・・・という事もあると思います。

その場合は 法務局に問い合わせをすれば、山の持ち主が誰なのかを知る事が出来ます。 

「登記事項要約書」を貰えば、権利者を確認する事が出来ます。

後はインターネットサービスもあるようなので、そちらを利用さてもいいと思いますが、

登記・供託オンライン申請システム登記ねっと・供託ねっと

土地の住所や地番などを記入する必要がありますが、 よく分からない場合は法務局に行くと教えて貰えるので、直接問い合わせた方がいいかもしれません。 

後は市役所などの資産税課でも調べる事が出来ます。ただ市役所は法務局より情報の更新が遅いので、法務局で調べた方がいいと思います。

手数料が必要になりますが、これでトラブル回避出来ると思って持ち主から許可を貰えば、気兼ねなく山菜取りをする事が出来ます♪

因みに時々地主の振りをして、採った山菜を寄こせ!と要求してくる不届き者もいるので、本当の地主から許可を貰っているという事は、そういう人から自身を守る事にもなります。

山菜採りをする時の注意点は?

山菜採りをする際の注意点ですが、春先と言えどまだまだ寒いですし、登山するような山でなくても山を舐めてはいけません。

スポンサーリンク

流石にガチガチの登山装備をする必要はありませんが、ある程度の服装や装備は必要になります。

まずは 長袖長ズボンは必須です。なるべく肌の露出を抑える格好を心掛けてくださいね。 

寒さ対策もありますが、山菜取りをしていると草木で切ったり、虫に刺される事もあります。

あとは靴ですが、トレッキングシューズがあればそれでもいいと思います。

個人的には、 冬用の滑り止めの付いた長靴がおすすめです。 

山に入る際はスニーカーなどでいいですが、山菜採りをする時に長靴に履き替えてやるのがいいです。

斜面などに生えている事もあるので、そういうところは滑りやすいですし、ぬかるんでいる場所でも長靴なら安心して山菜採りが出来ます。

 山菜採り=気軽に出来る 

と考え、軽装で行って事故にあってしまうケースが後を断たないので、必ず最低限必要な装備をして細心の注意を払いながら山菜採りをしてください。

あと当たり前の事ではあるんですがゴミを捨てたり、必要以上に山菜を採り過ぎないようにしてくださいね。

前項でも触れましたが、最近ではそれを嫌って入山禁止にしたり、山菜採りを許可しない地主も増えてきているそうです。

利用者のマナー1つで、山菜採りが出来なくなるのは残念ですので、ここは必ず守ってくださいね。

あと許可を取っていても、「立ち入り禁止」となっている場所や看板が掲げられている所にも入らないようにしてください。

そういう所は許可の範囲外になっているので、注意してください。

山菜採り注意まとめ

3月、4月になると春の山菜が採れる時期になって、やっぱり自分で採った山菜を食べたいですよね!

ただ、山菜採りは知らずにやると色々トラブルになったり、場合によっては窃盗罪などの犯罪になってしまう事もあるので、

くどいですが必ず確認を取ってから山菜採りをしてください。

マナーや法律を守る為なのは勿論なのですが、トラブル回避の為でもありますので。

是非山菜採りを満喫されてくださいね♪

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする