引っ越し祝いのお返しは必要?相場とのしの書き方も紹介

のし

新居を建てると、色んな方から引越しのお祝いを頂きますよね。

お祝いを頂くのは有り難いけど、お返しをどうしたら・・・と悩んでしまいます。

そもそも引っ越しのお祝いのお返しは必要なのか、相場やのしの書き方

1度確認しておきましょう!

スポンサーリンク

引っ越し祝いのお返しは必要なのか?

引っ越し祝いのお返しは、必要か不要かは状況によって変わります。

勿論相手も気持ちとして贈っているのは確かですが、全く御礼をしないのも失礼になりそうですね。

なので付き合いを考えたら、引っ越し祝いのお返しはした方が無難です。

1つ気をつけたいのは、引っ越し祝いのお返しは厳密に言うとお返しではなく、内祝いになります。

身内のお祝い事の喜びをお裾分けするのが、本来の内祝いとなるのでお返しと言ってはいけません。

お返しが不要な場合は

 お返しが不要なパターンは、新居に招待しておもてなしをした時 になります。

食事やお酒などを用意して、新居をお披露目するホームパーティをする事で、内祝いとします。

この時は、頂いたお祝い品を目に付く所に置いておく事を忘れずにです。例え要らない物であったとしてもです(笑)

お返しが必要な場合は

 引っ越し祝いのお返しが必要なパターンは、不要な場合とは逆で新居に招待しての内祝いをしないパターン の時になります。

もう1つは、 頂いたお祝いが高額な場合も内祝いとしてお返しする事も あります。

相手との関係にもよりますが、基本的に新居でのお披露目をしていない場合は、お返しはした方いいと考えていた方がいいと思います。

どんな親しい友人であったり、身内であっても内祝いはした方が無難です。

身内には薄く、友人や職場の人には厚く内祝いをするのが基本です!

あとお返しする時期は、新居に引っ越しのお祝いを頂いてから1ヶ月~2ヶ月ぐらいが目安です。

引っ越し祝いのお返しの相場は?

引っ越し祝いのお返しの相場、ここは気になる所ですね。

これは一般的に 半返しから3分の1返しが基本 とされています。

ただ、あまりに高額なお祝いを頂いた場合は、半返しでもかなりの金額になってしまいます。

スポンサーリンク

例えば10万円をお祝い金として頂いていたら、半返しでも5万円になってしまいますね。

これだとお返しする方も結構な負担ですし、お返しされる方もそんな高額なお返しをされると、返って気を使わせてしまったと思ってしまうかもしれないです。

返って迷惑になる事もあるので、高額な引っ越し祝いを頂いた場合は、は3分の1より金額を下げてお返しした方がいいかと思います。

安過ぎても失礼になってしまう事もあるので、面倒でも相手との関係やお祝いの金額で、お返しする物を決めた方がいいと思います。

逆にタオルや入浴剤などの金額がそれ程高くない物や、連名で1人辺りのお返しがかなり安くなってしまう場合、食事に誘って奢るなどのお返しでもいいと思います。

もしお返しの相場に困ったら、カタログギフトが無難です。

お返しの相場に合ったカタログギフトを贈れば、相手も好きな物を選べますし、自分で選ぶ負担も減るのでおすすめですよ^^

引っ越し祝いのお返しでのしの書き方は?

熨斗(のし)の書き方ってよくわからないですよね?

普段からそんなに書く物でもないですし、書くとしても冠婚葬祭の祝儀、香典ぐらいです。

自分は友人が結婚して新居を建てた時に、3人の連名でお祝いを贈った事がありましたが、のしの書き方がわからずとりあえず3人の連名で出してしまった事があります(笑)

これ今思えば、まだ昔なじみの友人だったからよかったものの、目上の人に対してやっていたらかなり失礼に当たりますね^^;

引っ越し祝いのお返しにも、のしの書き方ってあるんですね。

ですので相手に失礼にならないように、のしの書き方を覚えておいてください。

まず熨斗(のし)は内のしを使うのが一般的です。

内祝いのお祝い事が汚れないように、包装紙の中に入れてしまうようにする為に、内のしを使うんですね。

そしてこういうお祝い事は、 「何度繰り返してもいい」 という意味合いから、ほどきやすい蝶結びの水引きを使います。

水引きの色は、紅白の物が一般的ですが、金銀の物でも構いません。

 引っ越しの内祝いの場合は、水引きの上に「内祝」と書きます。 

新居の場合は、 「新築または新居祝い」 でもOKです。

そして水引きの下に、名前をフルネームで書きます。

名前は家主の名前か夫婦連名で書きます。家主の名前なら、ほぼ旦那の名前になりますね。

引っ越し祝いお返しまとめ

いかがだったでしょうか。

引っ越し祝いのお返し1つするのも、色々大変ではありますが、

やっぱり持ちつ持たれつなので、引っ越しのお祝いを頂いた際には、内祝いとしてお返しをした方が、

今後のお付き合いを考えたら無難だと思います。

仲のいい友人や身内なら新居に招待しての内祝、それが出来ない相手なら内祝という名目でお返しをされてみてはどうでしょうか。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする