アウトドアで使うテントを購入する時の注意点

キャンプにある程度慣れてくると、テントを張ってのキャンプもしたくなってくると思います。そこで、テントを選ぶ際に注意するポイントがあります。

まずソロ用かファミリー用かで、大きさが当然変わってきます。初めからファミリー用のテントで考えている場合は、最初から大きいテントを買おうと考えると思いますが、ソロ用テントだと自分1人寝れればいいとあまりに小さめのを買うと後悔する事もあります。

テントで寝る場合は、当然シュラフ(寝袋)で寝ると思いますが、テントが小さいとシュラフがテントより大きい場合があります。シュラフは自分の身長より大きい物を選ぶので、テントがシュラフより小さいと足を伸ばして寝れない可能性が出てくる訳なんですね。

なので、まずはテントを買う基準として自分が買うシュラフの大きさから、テントを選んでみるのがいいと思います。それとシュラフの下には寒さや寝心地を良くするために、マットを敷いてその上にシュラフを敷きます。

そのマットもテントより大きい場合があるんですね。こうなってくると、非常に使いづらいテントに感じてくる事もあります。

実際テントが来ると分かりますが、数字より実際はそこまで大きく感じない事があるので、ソロ用と云えど少し大きめのを買うのがオススメです。因みに僕が買ったテントは3人用(子供1人用の)の一応4人用のテントです。ただ実際に張ってみると大人2人が丁度で、4人はまず無理だなという印象です。

前室の大きさの注意点

テントには前室と呼ばれる出入口の前に、屋根のある部分があります。ここが広いテントはあまり天気が良くない日や、夜遅い時間になってまだ1人で一杯やったりする時など色々やったり出来るんですが、ネットで買う場合、この前室が広いかどうかを数字だけで選んでしまうのは絶対止めた方がいいです。

これは何故かというと前室の数字、いわゆる面積だけで選ぶと、ただ布を引っ張ってるだけで実際は、大して前室が大きくない場合があるんです。ネットで買う時に特に気を付けたい所なんですが、面積だけ見て実際にテントを張ってみたら、大して前室が大きくないという事があり得るんです。

というより前室の場合は、面積より空間の広さが重要ですので、いくら面積が大きくても布を引っ張ってるだけだと、高さの空間が全然ないのでかなり狭く感じるんですね。

スポンサーリンク

車で考えると分かりやすいかもしれないですが、いくら大きい車でもセダンのような車は中はそこまで広く感じないですよね?逆に軽四でもミニバンタイプのような車だと、大きさはセダンよりずっと小さいのに天井が高い分、空間は広く感じると思います。

それと同じで、前室の広いテントを選ぶ場合は前室の面積より、骨組みがしっかり前まで張り出しているかを確認して購入する事をオススメします。骨組みが前に張り出していれば、ただ布を引っ張てる訳ではないので、空間としては面積以上に広く感じる事が出来ます。

キャンプ用のベッドを使う場合

アウトドアに使える組み立てて使うキャンプ用ベッドがあるんですが、普段はタープの下に置いて使ったりしますが、テントの中に置いて寝床として使う事も出来ます。

これは上記で触れた前室と同じような所なんですが、テントも面積だけで見るとそこまで中が広くない場合があります。何故なら説明分にあるような数字は、テントを設営した面積であって、中の大きさではないからなんですね。

これは僕自身あった事なんですが、テントの中にキャンプ用のベッドを入れたらベッドの方が少し大きくて、無理やり入れた事があります。

数字上ではテントの大きさは四方210cm、ベッドの大きさは190cmでテントの方が20cm大きいにも関わらず、実際ベッドを中に入れてみると中の面積はベッドよりも小さいんですね。

なので余程小さいテントでないといけない事情があるとかではないのだったら、ソロ用でも大きめのテントを買った方がいいかと思います。

まとめ

テントの大きさについてですが、ただシュラフで寝るだけと考えて買ってしまうと、後々後悔する事もあるので、ソロ用テントでもファミリー用まではいかなくても大きめを選んだ方がいいです。

もし、前室にも拘るのであれば面積の大きさだけに捕らわれず、そのテントその物の性能で選ぶのが大事だと思います。

少しでもキャンプを快適に過ごす為には、テントはその時の家になりますし、雨や夜露からも守ってくれる非常に大事な存在ですので、大きさや値段だけで選ばず何に重点を置くかを考えて選ばれたらいいと思います。

少しでも快適なキャンプライフを楽しむ参考になればです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする