節分一覧

節分の豆のまき方は地域によって違う?ちょっとした知識も紹介

節分の豆まきには、各地方や地域でまき方や、まく豆も違うようです。 元々節分に豆を撒くのは、古代中国から伝わった魔を滅する魔滅(マメ)から来ていると言われてますが、 意外とその歴史は古く、地方によって色んな豆まきが誕生していったと思われます。 本記事では、地域によって違う節分の豆まきや、節分に関してのちょっとした豆知識(豆だけに)なんかも紹介します。

節分の飾りを手作りする簡単なやり方は?玄関にいつから?その意味も知っておきましょう

2月はまだまだ寒い時期ですね。 でも2月には立春(2月4日)があり、春が近づいてくる時期でもあります。そして立春の前日、毎年2月3日が節分の日になりますね。 節分は、豆まきや恵方巻きが有名ですが、本来の節分は、単に豆を撒いたり、恵方巻きを食べるだけの行事ではありません。 地方によって様々な風習がありますが、節分の日は、正月と同じで玄関先に飾り付けをする家もあります。 そこで節分で使う飾り付けの簡単な作り方の紹介と、節分に込められた意味をまとめてみました。