ソロキャンプ道具の一式を初心者の人が揃える時に必要な事とは!?

これからソロキャンプデビューを考えている方は、今からキャンプギア一式を買い揃えようと考えていると思います。 でもキャンプ経験がほとんどないと、何から揃えていいやらさっぱりわからないですよね。 そして初心者の方がこれからソロキャンプデビューをする為に、 やっぱり買って損した~! とならないように、キャンプ道具一式を揃えるにあたってやっておいた方がいい事などをお伝えしたいと思います!

ソロキャンプって怖くないの?思わず怖い時の過ごし方!

初心者キャンパーの僕ですが、キャンプをやるようになってからたま~に聞くのが、 ソロキャンプって怖くないの? というのを聞きます。 キャンプを始めたばかりの時に友人がいきなり、キャンプをするなら気を付けた方がいいよ・・・と意味深に言って来て、 何が?と聞き返したら、 いや、お化けが・・・って(・´ω`・) 自由なソロキャンプは楽しい!というのもあれば、ソロで行くキャンプは怖いというイメージもあるようで、 僕が実際にソロキャンプをしてきて怖かった事って何だったかな~と思い出しながら、そしてそんな時の夜はどうしてるかを書いてみたいと思います( -`Д´-;A)

ソロキャンプのテント初心者におすすめで快適に過ごせるサイズも紹介!

最近はキャンプブームで、ソロキャンプをする人も多いです。 それもあってか、テントもソロキャンプ用のテントがいくつも出ていますね。 でも実際にソロキャンプをこれから始めようとしている人からすると、 ソロキャンプ用ってどんなテントがいいの? という悩みが出てきます。 ソロキャンプ用のテントのサイズ、初心者の人でも快適に過ごせるテントはどういうテントかをお伝えします!

たねほおずきはソロキャンプなら明るさも十分?メインランタンで使えるか?

キャンプをしている人は知っている人も多い、スノーピークの小さなLEDランタン【たねほおずき】 こちらの記事で書いたパイルドライバーと一緒に スノーピークのランタンスタンド『パイルドライバー』を購入して初卸ししてきた! キャンプ動画を見ていたら、たねほおずきを使っているのをたまたま見ていたんですね。 そして、丁度そのタイミングでスノーピークの店にふらっと訪れた時に、 あ!たねほおずきだ! とそのまま勢いで購入しました(笑) 実はそれまで、たねほおずきがスノーピークだと知らなかったモグリなキャンパーですw 買ったのは3色ある内の、たねほおずきゆき(ホワイト)を買いました。 そして早速ソロキャンプで使って来たので、たねほおずきの明るさや使い勝手についてレビューしたいと思います!

スノーピークのランタンスタンド『パイルドライバー』を購入して初卸ししてきた!

横浜に遊びに行った時に、みなとみらいにあるスノーピークに立ち寄って来ました。 その時、スノーピークの【たねほおずき】というランタンを購入したんですが、それと一緒についランタンスタンドのパイルドライバーも購入しちゃったんですよね(;´∀`) 実は元々パイルドライバーを買う予定もなければ、買うつもりもなかったんですよね。 アウトドアショップに行くと、ついあれもこれも欲しくなるのがダメな所です(笑) でも折角買って来たので帰宅後スノーピークのランタンスタンド、パイルドライバーをキャンプに行って早速使ってきました! その時に、ちょっと失敗もしてしまったんで、それも合わせてお伝えしますね(;´∀`)

BBQで炭を着火剤で火起こしのコツ!置き方とあおぐタイミングも大事!

キャンプやバーベキューで特に手間取るのが、炭の火起こしですよね。 炭の火起こしをする時によく使うのが、着火剤になります。 でも炭の火起こしは、やり方をわかってもやってみたら、炭に思ったように火が着いてくれないという事もあります。 僕も最初の頃、色々炭の火起こしについて調べているんだけど上手くいかなかったんですけど、ちょっと工夫するだけで凄く簡単に着火出来る事がわかりました。 どこがいけないのか色々試行錯誤している内に、何とか自分なりのコツが掴めたので、着火剤を使った炭の火起こしの参考になればです。

ソロキャンプの片付け撤収時間を時短するには?

ソロキャンプは1人で自由なキャンプが楽しめる反面、全て自分1人でやらないといけないのが時々辛い時があります。 そう、特に片付けですよね。 複数やファミリーキャンプなら手分けして撤収出来るのが、ソロだと1人でやる片付けがとにかくめんどくさいのが難点。 キャンプ場は、大体次の日の10時には撤収しなければいけないので、起きてから朝食を作ってあれこれしていると、あっという間に撤収時間が過ぎてしまいます。 そんなソロキャンプのめんどくさい片付けと、僕がやってみた撤収時間を時短する方法を紹介します。

テント設営時のペグの打ち方と刺さらない時のコツ!ハンマーは必要?

テント設営の必需品になるペグ。 今までずっとペグの正しい打ち方を気にしないでテント設営してたボク。 いやだって、地面に突き刺していれば大丈夫だろうと思っていたんですよね(; ・`д・´) でもそれじゃあダメみたいで、ちゃんと正しくペグを打たないとテントが風で飛んだり、タープが倒れてきたりなど何かと危険なんですよね(´・ω・`) 自分1人ひどい目に合うならまだしも同伴者やましてや、他のキャンパーに被害を被る自体になると大変です。 実際タープのポールを固定していたガイロープのペグが、風で何度か抜けてしまって流石にちゃんとペグの打ち方考えないとダメだなとなりました。 おせーよ!というツッコみを気にしつつタープは別記事でするとして、今回はテント設営の時のペグの打ち方から地面が硬くてペグが刺さらない時のコツを自己流ながらお伝えします!

職場の先輩にいじられて苦手、付き合い方と関わらない様にする返し技

この記事に辿り着いたという事は、職場の先輩にいじられてストレスが溜まっていあるんじゃありませんか? 分かりますよ、その怒り(# ゚Д゚) 僕も何度そんな先輩に、仕返ししたいと思ったか分かりません! 関わりたくない、関わってほしくないのに会うたびにちょっかい掛けてきたり、いじってきたりして本当に鬱陶しいですよね。 前回は、職場のムカつく同僚との付き合い方についてもお伝えしています。 職場の同僚がムカつく!嫌いだから無視する事の何がダメなの! 今回はそんな職場でいじられる苦手な先輩との付き合い方、そして関わらないようにする為の返し技についてお伝えします。